『22/7』壁の正体&指令を遂行するストーリー設定を考察

『22/7』壁の正体&指令を遂行するストーリー設定を考察

アニメ『22/7』より、壁の正体&壁の指令を遂行するストーリー設定を考察しています。

壁の正体は何者なのか?なぜ壁の指令を遂行するストーリー設定になっているのか?今回は、この点について考えていきます。

 

『22/7』壁の概要


>>アニメ『22/7』視聴ページ

アニメ『22/7』に登場するアイドルメンバー達は、芸能事務所G.I.P.にある壁の指令を受けて、日々活動をしています。

壁の指令は絶対と考えられており、もし壁の指令を遂行できなければ、それはグループ活動の終わりを意味するようなストーリーも描かれています。そういうわけで、メンバーやスタッフ達は壁の指令を守り、数々の指令をこなしています。

それでは以下より、壁の正体&壁の指令を遂行するストーリー設定の考察に移っていきましょう。

 

『22/7』壁の正体を考察

合田蒼説

壁の正体①として、合田蒼説を考えてみましょう。合田蒼は、芸能事務所G.I.P.のマネージャーで、アイドルグループ「22/7」の活動を陰で支える男性です。壁から指令が吐き出されると、すぐに行動し、真面目に業務を遂行しています。

仮に壁の正体が合田蒼だった場合、自分で指令を出して、日常業務もこなしていることになります。状況に合わせて、壁から次の指令が出てくるのは、合田蒼が自分の目で現場を見ているからだと考えることもできるかもしれません。

しかしこの場合だと、合田蒼の普段の言動と矛盾し、自分が壁の正体であることを隠していることになります。また、合田蒼は嘘をついているようには見えませんので、彼が壁の正体である可能性はやや考えにくい気もします。

プロデューサー説

壁の正体②として、プロデューサー説を考えてみましょう。壁の奥にプロデューサーがいて、その人物が指令を出している可能性も十分に考えられます。

この場合、プロデューサーとして考えられるのは秋元康先生か、別のアニメオリジナルキャラクターなどが考えられます。仮に壁の正体が秋元康先生だった場合、ストーリー後半でアニメにも登場する可能性も期待してしまいますね。

★アニメ『22/7』Blu-ray第1巻 2020年3月25日発売!

>>アニメ『22/7』Blu-ray第1巻 商品ページ

目安箱説

壁の正体③として、目安箱説を考えてみましょう。ファンやクライアントの要望を壁のシステムが受け入れて、その内容を適切なものに整えた後、指令として吐き出している可能性も無くはない気もします。

ファンやクライアントの声を参考にして運営することは大切なことではありますが、主体性の観点において少し問題があるようにも感じます。

あくまでも壁の正体は別に存在し、サブ的にファンやクライアントの声を参考にしている、と考えるほうがしっくり来るような気がします。

自動検知システム説

壁の正体④として、自動検知システム説を考えてみましょう。乗り越えられる試練等が訪れたときに、壁がそれらを自動で検知し、指令という形でメンバーに試練を与えている可能性も考えられます。

超常現象や宗教的な要素があり、他のアイドルアニメではあまり見られない設定が採用されていることになりますので、斬新で面白いと言えます。

ここまで、壁の正体として4つの説を挙げてみましたが、①②=「壁の正体は人間」、③④=「壁の正体は人間以外」と整理できます。なお、今後 壁の正体が明かされるのかどうかも、気になる部分ではありますね。

Advertisement

『22/7』壁の指令を遂行するストーリー設定を考察

ここからは、なぜメンバーが壁の指令を遂行していくストーリー設定になっているのか?という点について考察していきます。

まず各メンバーにはそれぞれ抱えているものがあり、世の中に対しての壁・自分に対しての壁・他人に対しての壁などを感じているような気がします。

各メンバーは、アイドルグループ『22/7』の活動をしていなければ、その壁を抱えたまま生きていたことでしょう。しかし、各メンバーは芸能事務所G.I.P.の壁の指令をこなすことで前向きになれたり、大切なものに気づいたりしています。

それは芸能事務所G.I.P.の壁がくれた賜物であり、マイナスの意味ではなくプラスの意味で「自分の壁」に向き合うきっかけになっていると言えます。あるいは、自分の壁を取り払う出来事が起きているとも言えます。

そうすると、「芸能事務所G.I.P.の壁からの指令」は、「自分の中にある壁を乗り越えるための試練」になっているという見方ができます。

また、「芸能事務所G.I.P.の壁からの指令を遂行して達成すること」は、「自分の中にある壁を乗り越えること」になっているという見方もできます。

アニメ『22/7』は、少女たちが自分の中にある壁を乗り越える過程を描くことで、人間の心の中にある壁との向き合い方や乗り越え方等を見せてくれていると考えることができますので、非常にメッセージ性の高い作品だと言えます。

Advertisement

『22/7』壁の正体&指令を遂行するストーリー設定の考察まとめ

アニメ『22/7』より、壁の正体&壁の指令を遂行するストーリー設定を考察いたしました。

アニメ『22/7』は、壁の正体は何者か?という考察要素もある面白いアニメであり、「芸能事務所G.I.P.の壁」と「自分の心の中にある壁」を掛けたようなストーリー設定なども見逃せない良質なアニメーション作品です。

今後の展開も楽しみにしつつ、引き続きアニメ『22/7』に注目していきましょう!

22/7(ナナブンノニジュウニ)カテゴリの最新記事