『五等分の花嫁』零奈(れな)は中野五月(なかのいつき)なのか、ボートの子と同一人物なのか徹底考察!79話で判明した新事実もネタバレ考察!

『五等分の花嫁』零奈(れな)は中野五月(なかのいつき)なのか、ボートの子と同一人物なのか徹底考察!79話で判明した新事実もネタバレ考察!

『五等分の花嫁』の零奈(れな)は中野五月(なかのいつき)なのか、「公園ボート零奈」と「買い物零奈」は同一人物なのか、協力者の有無などについて考察しています。

また、79話で買い物零奈が五月だと判明したシーンについても考察をしています。

さらに、90話で公園ボート零奈も判明しましたので、この点についても追記しています。【NEW】

零奈(れな)は中野五月(なかのいつき)なのか徹底考察!


>>【Amazon.co.jp限定】五等分の花嫁 第5巻 [Blu-ray]

『五等分の花嫁』の零奈は中野五月なのかという点について、肯定説・否定説に分けて考察をしています。

なお、79話で零奈が五月だと判明していますので、判明前に考察をしていた内容となります。

零奈が中野五月の場合【肯定説】

ここでは、零奈=中野五月肯定説の根拠や、根拠になりえそうな中野五月のエピソード&見解、自説の弱い点をご紹介しています。

①母親の名前(零奈)を名乗った

1つ目は、公園のボートデートのシーンで、少女が五つ子の母親の名前(零奈)を名乗っている点です。このシーンで少女は「じゃあ、零奈。」と言っています。

なお、五月は母親を大切にしています。母親が教師をしていたことから五月は教師に憧れたり、お母さんぶったりするシーンなどからも、五月が母親を大切にしていることが伺えます。

そんなわけで、少女が零奈と名乗った事実は、零奈=中野五月肯定説の根拠となりそうですね。

②特別な反応を見せていない=零奈=知らないふりをした

2つ目は、風太郎が入院していたときに零奈の話が出ますが、五月が特別な反応を見せていない点です。これは、自分が零奈であるにもかかわらず、知らないふりをしたと考えることができます。

ただし、あの不器用な五月が、知らないふりをすることができるのか?という疑問は残りますね。

零奈が中野五月ではない場合【否定説】

ここでは、零奈=中野五月否定説の根拠や、根拠になりえそうな中野五月のエピソード&見解、自説の弱い点をご紹介しています。

①特別な反応を見せていない≠零奈

1つ目は、肯定説②の場面で、本当に自分が零奈ではなかったからこそ特別な反応を見せなかったと考えられる点です。もし、五月が零奈であるならば、多少は動揺するでしょう。

しかし、五月は特別な反応を見せていませんでしたので、五月が零奈ではない証拠になりえそうですね。

②変装シーンが少ない

2つ目は、五月の変装シーンが少ない点です。五月は不器用で変装が苦手と解釈することもできるかもしれませんね。

また、旅館のシーンでは、不器用な五月に合わせて他の姉が五月の変装をしていたと解釈することもできます。

ただし、五月は林間学校のときに一花に変装していますので、変装経験がないわけではありません。

結果的には「上杉くん」と言ったせいで風太郎に見抜かれていましたが、五月が「上杉くん」と言わなければ、見た目的には変装できていたことになります。

結論としては、次からご紹介するように、零奈は中野五月でした。

Advertisement

79話で零奈は中野五月と判明!【ネタバレ注意】

ここでは、79話で零奈は中野五月と判明しましたので、79話での零奈と五月について考察をしています。

※ただし、ここでの「零奈」とは「買い物をしていたときの零奈」に限ります。

零奈と風太郎が再会

79話で、零奈は風太郎の前に現れ、風太郎に対して「私は五つ子の一人」と伝えています。

風太郎は五つ子の誰かということまでは見抜いていたようですが、それが五月かまでは見抜いていないような気もしましたね。考えるのが面倒になっていた雰囲気も感じ取れました。

その後、五月が試着室に戻るシーンが描かれ、ここで零奈が五月だと判明します。

五月は試着室で洋服を試着するフリをして、あらかじめ持ち込んだ零奈変装グッズに着替え、風太郎と会った後に試着室に戻って来たようです。

ちなみに、バッグの中に零奈変装グッズを入れているシーンが79話の冒頭にありましたね。

五月=零奈だと当ててほしい

なお、79話のラストで、五月は風太郎に対して、(京都で)「清水寺 行きましょうよ 私たちの班と一緒に!」と言っています。

五月は自分が零奈だと風太郎に告げずに、風太郎に当ててほしいと思っているようですね。何かを思い出してくれるきっかけとして、清水寺へ誘っているような気がします。

ちなみに先ほどご紹介した、風太郎が入院していたときのシーンで五月が特別な反応を見せずに知らないふりをした理由は、風太郎に当ててほしいと思っていたと考えると整合性が取れますね。

五月が驚いていた理由

79話では、零奈と風太郎が会う直前、風太郎と五月がぶつかるシーンがあります。そのとき、五月は驚いているような表情をしていました。

五月が驚いていた理由としては、いまから零奈として風太郎に会いに行く直前だったので、不意に会ったことに対して驚いていた可能性がありますね。

次は「公園で風太郎とボートデートをした零奈(以下、公園ボート零奈)」と「買い物先で風太郎と会っていた零奈(以下、買い物零奈)」の関係について考えていきましょう。

■『五等分の花嫁』の原作漫画をチェック!

公園ボート零奈=買い物零奈なのか?違う人物である可能性は?

まず79話の「買い物零奈」は、五月でほぼ間違いないでしょう。実は五月ではない可能性も否定できませんが、素直に解釈すると五月ですよね。

さて問題は、「公園ボート零奈」と「買い物零奈」が同一人物なのか?という点ですね。実は別人であり、零奈が一人ではない可能性も考えられそうです。ここでは、以下のパターンに分けてそれぞれ考察しています。

①公園ボート零奈=買い物零奈(協力者有)

同一人物で協力者有の場合、零奈変装グッズは五月または協力者が管理しており、零奈が風太郎と会う場面では協力者がサポートしていたことになります。

2人で話すために、協力者が裏で動いてくれているパターンですね。そして、実際に風太郎と会ったのはどちらも五月となります。

ちなみに、「公園ボート零奈」は自分のことを零奈と名乗っており、母親を尊敬している五月の可能性が高いと仮定すると、「五月=公園ボート零奈=買い物零奈」となりそうですね。

【NEW】90話にて五月=公園ボート零奈と判明し、四葉が協力者ということも判明しましたね!①が正解だったことになりますね!

②公園ボート零奈=買い物零奈(協力者無)

同一人物で協力者無の場合、零奈変装グッズは五月が一人で管理しており、風太郎と2人で会うために計画をして動いていたことになります。

協力者無で、あれだけ2人きりの空間を作り出せたのは凄腕の持ち主ということになります。

③公園ボート零奈≠買い物零奈(協力者有)

同一人物ではなく協力者有の場合、「買い物零奈は五月」で、「公園ボート零奈は他の誰か」ということになりますね。

また、変装グッズは「五月」「他の誰か」の間で受け渡しがあった可能性があります。

④公園ボート零奈≠買い物零奈(協力者無)

同一人物ではなく協力者無の場合、「買い物零奈(五月)」「公園ボート零奈」の間でそれぞれの思惑が動いていることになりますね。

姉妹同士、お互い何を考えているのか探り合っている可能性もあります。

Advertisement

協力者は誰なのか考察!

ここでは、協力者は誰なのかについて考察をしています。

協力者有の場合だと、「らいは」&「四葉」の両方または一方の可能性が高いように思いますね。その根拠としては、零奈と風太郎が接触するときに、必ずこの2人が前後で登場している点が挙げられます。

それでは、早速見ていきましょう。

(1) 協力者が「らいは」&「四葉」の場合

(1)は、 協力者が「らいは」&「四葉」2人の場合です。これが伺えるシーンは、79話で、「らいは」がわざとらしく「お腹が空いた」と言って、四葉も「風太郎は五月を待つ係」と言っていたシーンですね。

2人とも五月の協力者だからこそ、息ピッタリでその場を立ち去ろうとしていたと考えることができます。

また、「らいは」と五月は仲良しで、メールのやりとりも直前にしていたことから、何らかの作戦会議がそこで行われていた可能性があります。

一方の四葉は、五月に対して学級長を変わってほしいと言っていた場面があるなど、2人で話しているシーンが目立つ点が根拠となりえますね。

「らいは」と四葉が協力者の場合、何らかの利害の一致や、仲が良いからこそ協力関係を結んだのでしょう。

(2) 協力者が「らいは」のみの場合

(2)は、協力者が「らいは」のみの場合です。「らいは」が協力者の理由は(1)と同じです。ここでは、四葉が協力者ではない理由が必要になってきますよね。

その理由として、例えば 79話のラストで五月が風太郎を誘っていたことについて、四葉が不意打ちを受けたような反応を見せていた点が挙げられます。

もし、四葉が五月の協力者なら、あそこまで驚かないのでは?と考えることができるからですね。

ただし、四葉は「五月による零奈への変装」に協力していただけで、五月が風太郎に対してアプローチをするとは思っていなかった場合も考えられるため、四葉が協力者である場合の(1)の場合とも矛盾しません。

不意打ちを受けた理由としては、「想定」「外」の行動を五月が取ったからということになりそうですね。

そんなわけで、四葉が五月の行動に対して不意打ちを受けていた点は、四葉が協力者ではない理由((2)だけの根拠)としては弱いと言えます。

(3) 協力者が「四葉」のみの場合

(3)は、協力者が「四葉」のみの場合です。「四葉」が協力者の理由は(1)と同じです。ここでは、「らいは」が協力者ではない理由が必要になってきますよね。

その理由として、例えば「らいは」はまだ小学生ですので、このような難しい作戦に加担するのは荷が重い点が挙げられますね。

(4) 協力者が「らいは」&「四葉」以外の場合

(4)は、協力者が「らいは」&「四葉」以外の場合です。この場合、誰になるのか想像がつきませんね。

なぜなら、一花・二乃・三玖は、自分が風太郎を攻め落としたい気持ちを剝き出しにしていますので、五月と風太郎の接触に協力するとは考えづらいからですね。

【NEW】90話時点だと、四葉が協力者ということのみ判明しましたので、少なくとも(1)または(3)ということになりそうですね!

旧結論 買い物零奈は五月、公園ボート零奈は考察の余地有、協力者の有無も考察の余地有

『五等分の花嫁』の零奈(れな)は中野五月(なかのいつき)なのか、「公園ボート零奈」と「買い物零奈」は同一人物なのか、協力者の有無などについて考察してきました。

また、79話で零奈が五月だと判明したシーンについても考察してきましたね。

79話で「買い物零奈」の正体が五月だと判明し、この時点では「公園ボート零奈」と同一人物なのか、協力者の有無についてはまだ考察の余地がありました。

その後、次の事実が判明しました。

新結論 五月=買い物零奈=公園ボート零奈!協力者は四葉!【NEW】

90話にて、五月=買い物零奈=公園ボート零奈と判明し、協力者は四葉ということも判明しました。正確には、五月は四葉から頼まれて動いていました。

なんだか国語や数学の問題を解いているみたいですね(笑)。零奈関連のストーリーも含めて、今後の展開も楽しんでいきましょう!

以上、零奈と中野五月についての考察でした!

■アニメ『五等分の花嫁』Blu-ray第5巻は、中野五月がジャケットに登場!

※Amazon全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換デジタルシリアルコード
※Amazon各巻購入特典:2L判ビジュアルシート

五等分の花嫁カテゴリの最新記事