闘神機ジーズフレーム最終回/12話感想!結末ラスト・最後のシーン、DGプラント考察

闘神機ジーズフレーム最終回/12話感想!結末ラスト・最後のシーン、DGプラント考察

アニメ『闘神機ジーズフレーム』最終回/12話感想・考察!

最終回/12話の感想付きネタバレストーリー、結末ラスト・最後のシーン、DGプラントについての考察もお届けしています。

闘神機ジーズフレーム最終回/12話ネタバレ感想・考察

麗雨


アニメ『闘神機ジーズフレーム』配信中!

アニメ『闘神機ジーズフレーム』最終回/12話「エルピス――最後の希望」では、南宮麗雨がネルガルに反応し、あいつが来たと言っていました。これは大きいネルガルのことを指している印象で、危険を察知していたと考察できそうです。

また、麗雨は妹・麗香の名前を呼んでいました。麗雨はしばらく植物状態のようになっていましたが、自我を取り戻したようですね。以前の記憶もある様子でしたので、ひとまず安心できるシーンでした。

そして、艦長がいま無茶しなくていつするのかと言っている場面もありました。これは麗香の父親・南宮巌がジョティスを助けに行く際に言っていたセリフを連想するシーンでした。

コント?

最終回では、麗香たちがネルガルを迎撃している最中、麗雨がアセナで出撃する展開も描かれていました。麗雨はネルガル側と対話・仲裁したかったのかもしれませんね。

その後、麗雨がネルガルから攻撃を受けていると、ジョティスが助けに来ています。ここでジョティスが麗雨の白い髪を見て、ブリーチのやり過ぎか?と言い、麗雨は そうみたい と答えていましたので、まるでコントでしたね。ブリーチのやり過ぎは面白いイジリで、思わず爆笑しました…!

そして、2人はかつて共闘していた過去を思い出している場面もありました。長い時を経て再会を果たし、再び共闘する展開が激アツでした!

異次元

エアの乗る白い巨人がエルピスを使用して、異次元への門を開ける場面も最終回で描かれていました。そこへネルガルが吸収され、地球も飲み込まれそうになっています。

その後、エアが犠牲になって異次元側に入り、開いている異次元の門を閉じています。これは、開けた側の同じ方向からは閉じることができないようになっていると解釈できそうです。同じ方向から開け閉めできれば理想的ですが、そう簡単にはいかないみたいですね…。

この設定があることで、エアとのお別れシーンが感動的になっていましたので、その兼ね合いもあったのかもしれません。

日常パート・ドラゴンボール

最終回では、麗香が大学に進学した話など、皆が談笑する日常パートも描かれていました。戦いが終わって、平穏な日常が戻ったみたいですね。

また、おじいちゃんキャラがぴちぴちギャルと言っていましたが、これは『ドラゴンボール』亀仙人のオマージュネタでしょうね。キャラデザも似てる気がしますので、意識していることが伺えました。

DGプラント

DGプラントの数が増え、南宮巌が代替エネルギーの研究をしていることが明かされる場面も最終回内にありました。ネルガル側の警告メッセージを踏まえれば、DGエネルギーの使用は宇宙に危険をもたらしている状況だと解釈できますので、DGプラントを増やすのは危ないですね…。

自分たちさえ良ければ良い、ネルガルが襲って来ないならそれで良いのか?宇宙に危険を及ぼしている可能性があるにもかかわらず、DGエネルギーを笑顔で使用できるのか?代替エネルギーを少しずつ進めていることは好感でしたが、DGプラントを増やすのは危険な印象です。

もしかしたら エアが異次元でネルガルを抑えているかもしれませんので、DGエネルギーはなるべく使用しない方が安全のような気がします。

あるいは、エアのエルピスが上手く作用して、宇宙空間が保持されているのかもしれません。地球人がDGエネルギーを使用しても問題無いようなことが起こっている可能性もあります。

もしくは、DGプラントは製造だけでなく、DGエネルギーの使用で宇宙に影響が出ないような高度な制御システムが発達し、それが上手く機能している場合も考えられます。この場合は宇宙へのダメージが軽減されていると考察できそうです。

結末ラスト・最後のシーン

最終回の結末ラストは、麗雨&リョウ・タカギが結婚式を挙げている場面が描かれていました。2人は麗雨がMIA(戦闘中行方不明)になる前から両想いだったのでしょうね。無事に結ばれて良かったなと思える展開でした。

そして最後のシーンは、皆がおめでとうと言っているところで終わりとなっています。ここでは拍手音&おめでとうの声があったにもかかわらず、キャラは静止画でした。ポロロは動いていましたので、記念撮影をしていたのかもしれませんが、若干の違和感がありました…。ただし、終わり方自体は多幸感がありましたので、こちらまで幸せな気持ちになりました!

ちなみに最終回でED映像が無かったのは、幸せな雰囲気のハッピーエンドを強調させるためだと考察できそうです。

闘神機ジーズフレーム最終回/12話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『闘神機ジーズフレーム』最終回/12話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

最終回/12話では、麗雨が自我を取り戻し、ネルガルを異次元に閉じ込める展開などが描かれていました。DGエネルギーの使用継続は気掛かりですが、結婚式の幸せな雰囲気で結末を迎える展開は好感でした!

『闘神機ジーズフレーム』はOP・EDが最初と最後に固定され、特殊な用語、人気アニメのオマージュ、美少女ヒロイン×王道のSFロボットアニメ要素などが特徴的な作品でした。ロボットのかっこいい変身バンク・戦闘シーン、かわいい女子キャラの人物設定、声優陣の熱演、伏線を交えた続きが気になるストーリー構成なども魅力的で、面白いアニメだと評価できます。

また、ヒロインのエンシエントガールズを支える男性キャラが好感で、特に艦長と南宮巌は名言も多かったように思います。尊い日常パートとシリアスな展開のバランスも絶妙で、たくさんの見どころが詰まった良作だと感じました。これから何度も見返しつつ、『闘神機ジーズフレーム』に引き続き注目していきましょう!

©Ancient G’s Frame

アニメ・漫画カテゴリの最新記事