闘神機ジーズフレーム5話感想!シェンノン、ノルマンディ考察

闘神機ジーズフレーム5話感想!シェンノン、ノルマンディ考察

アニメ『闘神機ジーズフレーム』5話感想・考察!

5話の感想付きネタバレストーリー、シェンノン&ノルマンディについての考察もお届けしています。

闘神機ジーズフレーム5話ネタバレ感想・考察

ピーターソン・恋愛


アニメ『闘神機ジーズフレーム』配信中!

アニメ『闘神機ジーズフレーム』5話「ノルマンディ燃ゆ」の冒頭では、駆逐艦ノルマンディ艦長のゾーイ・ピーターソン(声優:喜多村英梨)が新登場し、アトラハーシスを護衛することになっていました。ピーターソンは厳しい態度を見せるなど、怖いイメージもありましたね。

そして、南宮麗香&整備員のリョウ・タカギが話す場面も描かれています。ジーズフレーム、南宮麗香の父親・南宮巌についての話も出ていました。

2人は周りから見ればデートをしている雰囲気だったため、女子が群がっていました。浮ついたネタに食いつく流れは、女の子らしい一面が出ていた印象です。宇宙に来ていることもあって恋愛ネタが無かったためか、ここぞとばかりにウキウキしている様子が可愛かったです!

シェンノン

5話では、訓練シーンで南宮麗香がシェンノンを動かしている場面も描かれていました。ストーリー序盤では、ピンチの時だけ動くイメージでしたので、いつのまにかネルガル不在の時でも普通に動いている点が驚きました。

これは、操縦者&ロボットのシンクロ率が上がり、緊急事態でなくてもシェンノンが動いてくれるようになったと考察できそうです。

現在は子機の存在が追加され、子機の方が言うことを聞いてくれない状態ですので、そことのバランスで親機・シェンノンは自由自在に動ける設定に変化したと解釈できますね。

ノルマンディ

ネルガルが襲来したため、ノルマンディが出動する場面も5話で描かれています。ピーターソンが「宇宙服着用」と言うシーンでは、宇宙空間に出ることを前提にしていることが伺えました。また、サブタイトルは「ノルマンディ燃ゆ」ですので、自爆することが既にこの時点で予想できてしまいましたね…。

その後、加速するノルマンディをネルガルが追っていく描写などがあり、ノルマンディ内モニターのカウントダウンが開始。それからエンジンを暴走させ、自爆するつもりだと明かされています。

ここで、南宮麗香が姉を思い出して、ノルマンディのところへ向かっていました。犠牲者を出したくないと考えていく様子が印象的でしたね。

そして、南宮麗香が強い意志を示したためか、子機が反応。親機・シェンノンのところへ飛んでいき、合体状態の大シェンノンになっています。これにより、ノルマンディが爆発しても南宮麗香&ピーターソンは無事でした。

南宮麗香がピーターソンを助ける展開は、主人公らしい熱いストーリーだったと言えます。大シェンノンについては、こだわりを感じるかっこいいメカデザインになっていましたので、見応えがありました!

闘神機ジーズフレーム5話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『闘神機ジーズフレーム』5話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

5話は新キャラ・ピーターソンが登場し、ノルマンディが自爆する展開などが描かれていました。また、シェンノンが子機と合体して、大シェンノンになる流れも盛り込まれています。

今回は「宇宙服着用」のセリフ+サブタイトル「ノルマンディ燃ゆ」の2つにより、途中で自爆する展開が読めてしまった回でした…。ただし、女子が恋愛ネタに食いつく流れ、南宮麗香の強い意志に子機が反応して大シェンノンになる展開などは魅力的でした!

次は火星に向かうと言っていましたので、どんなストーリーになるのか気になります!ぜひ6話以降も視聴継続していきましょう!

©Ancient G’s Frame

アニメ・漫画カテゴリの最新記事