『パラライ』AMPRULE「Do as I say」歌詞の意味考察・翻訳情報

『パラライ』AMPRULE「Do as I say」歌詞の意味考察・翻訳情報

『パラライ』AMPRULE「Do as I say」歌詞の意味考察、翻訳情報!

AMPRULE「Do as I say」歌詞の意味・特徴などを考察し、英語の和訳、読み方情報も掲載。

『パラライ』AMPRULE「Do as I say」MV公開!

HIPHOPメディアミックスプロジェクト・Paradox Live(パラライ)より、AMPRULE(アンプルール)による楽曲「Do as I say」のMVが公開!

AMPRULE「Do as I say」は、燕東夏役 井上麻里奈さんの力強い低音ボイスに続けて、白忠成役 置鮎龍太郎さんの甘い歌声を聴くことができます。歌う順番からは、白忠成が燕東夏に服従している様子が表現されている印象です。

さらに、2人の考え方が伝わる歌詞、独特の世界観なども魅力的な神曲となっていますので、要注目です!

「Do as I say」意味・読み方情報

「Do as I say」の意味・翻訳は、私が言うようにして、俺が言った通りに行動しろ、などになります。このセリフを言っている人物は燕東夏だと解釈でき、燕東夏が白忠成&周りの皆に向けて言っている印象です。同時に、白忠成が燕東夏の方針・指示に従っている様子も連想されます。

「Do as I say」の読み方は、発音を繋げずにカタカナ表記にすると「ドゥ アズ アイ セイ」となります。AMPRULEは、Do as を「ダズ」ぐらいの発音で繋げて歌っています。

AMPRULE「Do as I say」歌詞の意味考察

世界観

AMPRULE「Do as I say」の歌詞では、まるでAMPRULE帝国というものが存在し、燕東夏が皇帝・王子で、白忠成が執事・下僕のような世界観になっていると考察できます。

燕東夏パート

燕東夏パートでは、ボクこそが全てと歌っている歌詞もあり、自分が絶対的権力者・愚民を導く存在だと誇示している印象です。燕東夏はショタ感のある見た目&辛口ドSセリフのギャップがゾクゾクします。

また、燕東夏はBAE・燕夏準の異母弟ということもあり、上から周りを見下ろすクールな部分が似ていますが、燕夏準とは角度が違う印象も受けます。

韓国語の歌詞については、兄・燕夏準は韓国語の歌詞を複数歌っているのに対して、弟・燕東夏は1フレーズのみです。ボクなら1フレーズで十分な威力を出せるから、兄のように多用しない、と見下しているような裏メッセージも感じます。

白忠成パート

白忠成パートでは、as you wish(意味:あなたの好きなように)などの歌詞もあり、燕東夏に服従している様子が伝わってきます。拘束を固い絆と解釈し、痛みを体に刻んでいるような雰囲気も感じられ、平たく言うとドMっぽさ・従順な性格が歌詞に滲み出ている印象です。

多くの魅力が詰まったAMPRULEによる神曲「Do as I say」は、3月30日発売の新CDに収録されていますので、要チェックです!

CD情報


©Paradox Live2022

●Paradox Live Opening Show-Road to Legend-
■発売日
2022年3月30日
■収録内容
・AMPRULE「Do as I say」+各ユニット新曲
・ボイスドラマパート

Paradox Live(パラライ)カテゴリの最新記事