『バンドリ』チュチュの過去とは?うざい態度との関連性を考察。

『バンドリ』チュチュの過去とは?うざい態度との関連性を考察。

『バンドリ』より、チュチュの過去、うざい態度との関連性を考察しています。

チュチュの過去とは?幼少期はどんな子供だったのか?また、なぜチュチュはうざい態度をとってしまうのか?チュチュの過去 と うざい態度の関連性とは?今回はこの点について、掘り下げていきます。

 

チュチュの過去とは?幼少期・子供時代について

バンド・RAISE A SUILEN(RAS)でプロデューサーを務め、自ら作詞作曲を手掛けるなど、音楽の才能を開花しているチュチュ。

ところがチュチュには暗い過去があります。チュチュは、凄腕の演奏家である母親とは違い、演奏家としての才能が開花しない…という苦難の子供時代を過ごしています。

また、チュチュは過去にコンクールなどに出場していますが、審査員の評価がイマイチだったことなどから、悔しい思いを味わったこともあります。

その後、チュチュは演奏家としてではなく、演奏以外の立場で音楽をしていくことを決意しています。そうしてメンバーと出会い、今のRAISE A SUILENがあります。

チュチュのうざい態度について

チュチュは最強の音楽・バンドを最優先に考えて行動している人物です。寝る暇を惜しんで作業しているようなシーンもあります。

そして、最強にこだわるがあまり、他のメンバーなどにうざい態度をとってしまい、キツイ言葉を言い放つこともあります。

チュチュの過去とうざい態度の関連性を考察

最強の音楽

チュチュの過去は、挫折と苦難の連続だったと言えます。演奏家としての才能に恵まれず、母親との落差も実感していたことでしょう…。闇・コンプレックスを抱えていたとも言えます。

しかし、だからこそチュチュは“演奏以外で認めさせる”と決意し、“最強”にこだわるようになったという見方ができます。

チュチュがうざい態度をとってしまうときは、「最強の音楽」を否定されたときや、他のメンバーが「RASの活動」以外に時間を使っているときなどが多い気がします。

これは、チュチュが“最強”にこだわっており、RASの活動に本気であることが関係している、と考察することができます。

挫折と決意

また、チュチュが過去に味わった挫折・苦しみ・痛みの深さや、“演奏以外で認めさせる”という思いの強さも関係している、と考察することもできます。

そう考えると、挫折を力に変えて行動し、“演奏以外で認めさせる”と決意したチュチュのことが愛おしく感じてきます。一見すると、うざい…嫌い…と思ってしまうような発言も、暗い過去と関連していると考えると、エモさが溢れ出てきますね…。

チュチュは言い過ぎることもありますが、素直に謝罪するシーンもありますので、根は優しい人物です。そんなチュチュを今後も応援していきたいですね!

Advertisement

『バンドリ』チュチュの過去・うざい態度との関連性考察まとめ

『バンドリ』より、チュチュの過去を紹介し、うざい態度との関連性を考察いたしました。

チュチュは過去に演奏家としての才能に恵まれない…という挫折を味わっており、それを力に変えてRASの活動をしています。また、チュチュがうざい態度をとってしまうときは、RASの活動関連が多い印象です。

これは、過去の苦しみ・痛みの深さや、“演奏以外で認めさせる”という思いの強さ、RASの活動への本気度が関係しているという見方ができます。

そんなチュチュを今後も優しく温かい目で見守っていきたいですね!以上、チュチュの過去とうざい態度との関連性考察についてでした!

BanG Dream!(バンドリ!)カテゴリの最新記事