バンドリ!ガルパ「約束/歌:Roselia」歌詞を考察!パート・関連ストーリー・CD発売情報有!

バンドリ!ガルパ「約束/歌:Roselia」歌詞を考察!パート・関連ストーリー・CD発売情報有!

『バンドリ!ガルパ』より、Roselia(ロゼリア)「約束」の歌詞考察、パート、「約束」に込められた意味考察、関連する「シロツメクサ」の花言葉などについてまとめています。

さらに、CD発売日・特典情報に加え、「約束」がテーマ曲となった『バンドリ!ガルパ』のイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」の感想・考察付きネタバレストーリーなども合わせて紹介しています。

Roselia「約束」とは

Roselia「約束」は、Roselia 10thシングル「約束」の表題曲として収録されている曲です。

スマホアプリゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』(ガルパ)には、2019年6月18日にオリジナル楽曲として追加されました。

なお、本楽曲は、今井リサ(いまいりさ)のエピソードがメインで描かれたガルパのイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」のテーマ曲に採用されています。

Roselia「約束」の曲内容・メロディー

youtube試聴動画

Roselia「約束」の試聴動画が、2019年11月19日に公開!

感想

Roselia「約束」は、ミディアムテンポながら力強さがあるロックナンバーで、今井リサによるRoseliaや湊友希那への気持ちが溢れ出ている曲になっている印象です。

また、Roselia「約束」を聴いていると、ガルパのイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」内で描かれたストーリーを連想します。

例えば、リサゆき(今井リサ×湊友希那)が幼少期に見ていた景色、2人が音楽の原点を思い出している様子、今井リサが作詞に挑戦している様子などが連想されますので、涙腺が刺激されるエモい曲になっています。

Roselia「約束」のパート

Roselia「約束」を聴いていると、湊友希那(CV:相羽あいな)のパートと、今井リサ(CV:中島由貴)のパートがあることに気づきます。

今井リサ(CV:中島由貴)のパートは、メロパートでは「確かなものへ」、サビパートでは「続く」「玉座に輝く」の歌詞を担当しているように聴こえますね。

1人ではなく”2人”にとって大事な歌詞が綴られている部分で、今井リサ(CV:中島由貴)のパート・2人の掛け合いパートが登場している印象です。

Advertisement

『バンドリ!ガルパ』のイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」のストーリーをネタバレ紹介!

Roselia「約束」は、スマホアプリゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』(ガルパ)のイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」のテーマ曲に採用されていますので、ここでは同イベントのエピソードを、感想・考察付きで簡単にネタバレ紹介いたします。

今井リサが作詞を決意

ある日、今井リサは湊友希那が「FUTURE WORLD FES.」に出場するのか気にかけていました。そこへ氷川紗夜が今井リサに対して話しかけ、湊友希那のことではなく《今井リサ自身》が同フェスに出場する理由を問います。

その際、今井リサは《Roseliaとして~》と答えています。その後、今井リサは《自分》には何ができるか考え、作詞を決意していきます。

最初の歌詞は採用されず…【考察あり】

今井リサは完成させた歌詞を湊友希那に見せますが、OKをもらえませんでした。その理由は今井リサが《Roseliaらしさ、青薔薇、頂点など》をイメージしすぎてしまったと考察することができそうですね。

今井リサが作詞をする決意自体は、Roseliaのために《今井リサ自身》が自分にできることだと考えたことでした。

ところが、歌詞内容は《今井リサ自身》よりも、《Roseliaらしさ》を意識しすぎていた、という見方ができます。歌詞内容も《今井リサ自身》から出てきたものになると、OKをもらえそうですね。

今井リサと湊友希那の幼少期

その後、今井リサは、弱音を吐いたり悩んだりしていきます。その中で、今井リサは幼少期を思い出し、湊友希那・湊友希那の父親とのやりとり、セッションしていたことなども思い出しています。

今井リサの幼少期のストーリーでは、今井リサが作ったシロツメクサの冠を、湊友希那に対してプレゼントするストーリーも描かれていました。

2度目の歌詞は採用【考察あり】

その後、今井リサは《自分自身》が見ていた景色・原点などを再確認し、2度目の歌詞を完成させます。その歌詞を見た湊友希那はOKを出しています。

イメージとしては、Roseliaに今井リサが合わせるのではなく、《今井リサ自身》がRoseliaという存在を引き寄せた結果、良い歌詞が生まれたと考察することができます。

【イメージ】
× Roselia ← 今井リサ

○ Roselia → 今井リサ

あるいは、今井リサが「Roseliaという存在」を「自分とは別の存在」と見た上で作詞をするのではなく、今井リサの存在こそがRoseliaでありその視点で作詞をしたからこそ良い歌詞が生まれたという見方もできます。

【イメージ】
× Roselia / (壁) ← 今井リサ

Roselia = 今井リサ

そうしてイベントストーリーの終盤では、メンバーとのやりとり、今井リサの決意と覚悟が伺えるシーンが描かれています。

感想

ガルパのイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」は、今井リサの苦悩と決意がメインで描かれているストーリーになっているため、感動必至です。

今井リサの幼少期のかわいい容姿と声もグッと来ましたが、今井リサが苦悩の末にようやく歌詞を完成させていくストーリーがとにかく泣けます。

さらに、今後は弱音は吐かないという決意、Roseliaのメンバーとしての覚悟が伺える点も見どころです。

Advertisement

シロツメクサの花言葉

ガルパのイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」のストーリーに加え、Roselia「約束」の歌詞にも出てくる「シロツメクサ」という言葉。

シロツメクサの花言葉が「約束」ということもあり、「シロツメクサ」と「約束」は非常に関連性の高い言葉になっています。

つまり、シロツメクサの花言葉である「約束」が、曲タイトルになっているということですね!これに込められた意味は、次の項で考えていきます。

Roselia「約束」の意味考察

曲タイトル「約束」に込められた意味として、まずは今井リサにとっての音楽の原点、今井リサが幼少期に見ていた景色などが思い浮かびます。また、湊友希那・Roseliaにとってもまた音楽の原点だと考えることもできそうです。

また、シロツメクサの花言葉との関係性を総合考慮すると、以下のように整理考察することができます。

シロツメクサの花言葉 約束
シロツメクサが咲いていた道・景色 今井リサと湊友希那が幼少期に見ていた景色
シロツメクサ 「今井リサと湊友希那が幼少期に見ていた景色」の象徴
曲タイトル「約束」に込められた意味

「今井リサと湊友希那が幼少期に見ていた景色」の象徴としての「シロツメクサ」を連想

=今井リサと湊友希那にとって音楽の原点

=Roseliaの原点

⇒原点を再確認して、Roseliaが未来に続く道を歩いていく

⇒Roseliaが玉座に輝く

Roselia「約束」歌詞の意味考察

ここからは、Roselia「約束」の歌詞の意味を考察していきましょう!

誰にも譲れない居場所

この歌詞からは、今後も陽だまりのように今井リサが湊友希那の隣にずっといたいと願う気持ちが伺えます。

なお、ガルパのイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」を見た後では、単に幼馴染だから、湊友希那が心配だからという理由だけでないことが伝わってきます。

すなわち、強くなった今井リサとして、またRoseliaのベース担当として湊友希那の支えになっていく、という想いが詰まっていると考えることができます。

逃げる言い訳を燃やす

この歌詞は、今井リサがこれから現実から逃げない事や、言い訳をしない事が表現されていると考えることができます。ガルパのイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」で描かれたように、今井リサの決意と覚悟が詰まっていると言えます。

シロツメクサはやがて 生まれ変わり 確かなものへ

シロツメクサは「今井リサと湊友希那が幼少期に見ていた景色」の象徴と考えると、この歌詞では、2人が幼少期に想い抱いていたことが、今では確かなものになっていることを表現していると考察することができます。

また、幼少期ではシロツメクサが咲いている道を通り、Roselia結成時には青薔薇が咲いている道を通って、Roseliaが玉座に輝いていく――。この時間軸を表現している印象も受けます。

幼少期・過去 Roselia結成時・現在 未来
シロツメクサが咲いている 青薔薇が咲いている 玉座に輝く

約束の景色を胸に

「約束の景色」とは、「シロツメクサが咲いていた道」=「今井リサと湊友希那が幼少期に見ていた景色」と考察することができます。

そうすると、今井リサと湊友希那が《幼少期》に抱いていた想いを胸に、《未来》を見据えて《今》を突き進んでいく様子を表現していると考えることができます。

未来へ続く道

この歌詞では、《原点》を再確認した上で、Roseliaが《未来》へ続く道を通っている様子を連想します。

原点を再確認した今井リサと湊友希那、そして結束が深まったRoseliaのメンバーたち。これからどんな姿を見せてくれるのでしょうか?Roselia「約束」を聴くと、一瞬も目を離さずにこれからもRoseliaをずっと応援していきたい!と強く思わずにはいられませんね!

Advertisement

Roselia「約束」CD収録曲・BD内容・特典

■Roselia 10thシングル「約束」CD収録曲
①約束
②“UNIONS” Road
③約束 -instrumental-
④“UNIONS” Road -instrumental-

■Blu-ray収録内容
アニメ「BanG Dream! 3rd Season」2話・3話 他

■初回生産分限定封入特典
オリジナルキャラクターカード1枚(全5種)

Roselia「約束」CDジャケ写解禁!

「約束」と「シロツメクサ」は非常に関連性の高い存在であることが、ジャケ写からも伺えますね!

Roselia「約束」CD発売日

Roselia10thシングルCD「約束」の発売日は、2020年1月15日(水)です!

Roselia「約束」作詞作曲編曲者一覧

Roselia「約束」の作詞は織田あすかさん(Elements Garden)、作曲・編曲は竹田祐介さん(Elements Garden)が担当されています。

なお、先述のとおり、ガルパのイベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」では、今井リサが作詞をしているストーリーが描かれています。

『バンドリ!ガルパ』Roselia(ロゼリア)「約束」を聴こう!

『バンドリ!ガルパ』より、Roselia(ロゼリア)「約束」の歌詞考察、パート、CD発売情報、イベント「ノーブル・ローズ -花々を連れて-」のネタバレストーリーなどについてまとめてきました。

「約束」は、今井リサの決意と覚悟が歌われているミディアムロック曲であり、『バンドリ!ガルパ』内では今井リサが苦悩の末にようやく歌詞を完成させているストーリーなどが描かれているため、涙腺崩壊必至のエモい曲になっています。

是非、Roselia「約束」を何度も聴いてみて下さいね!

BanG Dream!(バンドリ!)カテゴリの最新記事