『ブルーロック』アニメ制作会社、作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報

『ブルーロック』アニメ制作会社、作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報

『ブルーロック』アニメ制作会社はエイトビット!

本稿では、 『ブルーロック』アニメ制作会社・エイトビットの評判、作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報などについてまとめてお届け!

『ブルーロック』アニメ制作会社はエイトビット

『ブルーロック』は 原作:金城宗幸先生 漫画:ノ村優介先生による人気漫画が原作。連載雑誌は週刊少年マガジン。テレビアニメは2022年に放送。キャストは浦和希さん・海渡翼さん・小野友樹さん・斉藤壮馬さんらが出演。制作会社はエイトビットが担当しています。

エイトビットは、2008年に設立されたアニメ制作会社で、これまでに多数の人気アニメを制作しています。次は、アニメ制作会社・エイトビットの評判、代表作品などに触れていきます。

アニメ制作会社・エイトビットの評判、代表作品

アニメ制作会社・エイトビットの代表作品として、『IS〈インフィニット・ストラトス〉』『武装神姫』『ヤマノススメ』『ワルキューレ ロマンツェ』『東京レイヴンズ』『グリザイアの果実』『アブソリュート・デュオ』『コメット・ルシファー』『少年メイド』『Rewrite』『ナイツ&マジック』『ミイラの飼い方』『転生したらスライムだった件』『星合の空』『推しが武道館いってくれたら死ぬ』『魔法科高校の劣等生 来訪者編』などがあります。

エイトビットの評判は、一部では作画崩壊が指摘されたこともありましたが、原作に忠実なアニメ制作と作画、完成度の高い映像でファンを魅了しています。作画は好みの問題もあり、評価が分かれている印象も受けます。

次は、『ブルーロック』作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報をチェックしていきましょう。

作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報

アニメ『ブルーロック』作画崩壊の有無については、ビジュアルやPVを見ると綺麗な作画になっていますので、本編でも作画崩壊しない可能性が高いと言えます。特徴的な3DCG映像では、強さや禍々しさをダイナミックに描いているところが好印象です。

『ブルーロック』のキャラデザ絵師は、メインキャラクターデザイン・総作画監督を進藤優さんが担当。『やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(俺ガイル1期)』『Persona4 the Golden ANIMATION』『マクロスΔ』『フルーツバスケット』などでキャラデザを務めたスタッフさんです。

また、キャラクターデザイン・総作画監督を田辺謙司さん&戸谷賢都さんが担当。田辺謙司さんは『Caligula-カリギュラ-』『八男って、それはないでしょう!』など、戸谷賢都さんは『ナンバカ』『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』などでキャラデザを務めています。

さらに、3DCGに強いオーラスタジオが3DCGを担当し、『バック・アロウ』などで撮影を手掛けたチップチューンが撮影を担当。撮影の工程があることでガラッと雰囲気が変わりますので、細かな映像美にも要注目です。

アニメ『ブルーロック』は超強力なスタッフ陣が勢揃いしていますので、非常に期待が高まります。2022年放送のアニメを楽しみに待ちましょう!

『ブルーロック』アニメ制作会社、作画崩壊の有無、キャラデザ絵師まとめ

『ブルーロック』アニメ制作会社の評判、作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報などについてまとめてお届けしました。

『ブルーロック』はアニメ制作会社・エイトビットが手掛ける注目アニメ。作画崩壊の可能性は低く、綺麗な作画・3DCG映像でファンを魅了することが予想されます。

面白いストーリー設定、原作に忠実なキャラデザなど、多くの魅力があるアニメ『ブルーロック』。見どころ満載の話題作となっていますので、今後の展開にも引き続き注目です!

アニメ・漫画カテゴリの最新記事