歌詞が熱い!眩暈SIREN「不可逆的な命の肖像」が『ビルディバイド』EDに決定&コメント到着!

歌詞が熱い!眩暈SIREN「不可逆的な命の肖像」が『ビルディバイド』EDに決定&コメント到着!

眩暈SIREN、新曲「不可逆的な命の肖像」がTVアニメ『ビルディバイド -#000000-(コード ブラック)』ED主題歌に決定!

ED曲「不可逆的な命の肖像」は熱い歌詞と儚く美しいサウンドが魅力!眩暈SIRENからコメントも到着!

眩暈SIREN「不可逆的な命の肖像」が『ビルディバイド』EDに決定!

ビルディバイド

©build-divide project ©Aniplex Inc. All rights reserved.

眩暈SIRENの新曲「不可逆的な命の肖像」が10月放送予定のTVアニメ『ビルディバイド -#000000-(コード ブラック)』のED主題歌に決定した。

ED曲「不可逆的な命の肖像」はTVアニメ『ビルディバイド -#000000-(コード ブラック)』のために書き下ろした一曲となっており、本楽曲を使用した予告トレーラーも解禁された。

さらに、この楽曲が収録された約6年ぶりとなるメジャー移籍後初のフルアルバム「喪失」のリリース詳細、新しいアー写とバンドロゴも発表となった。

眩暈SIREN

眩暈SIREN 最新アー写

眩暈SIREN

眩暈SIREN 新バンドロゴ

アルバムは11月24日(水)に発売予定で、TVアニメ『からくりサーカス」EDテーマでメジャー移籍第一弾シングルとなった「夕立ち」や、TVアニメ『pet』OPテーマとなった「image_____」など、メジャー移籍後の眩暈SIRENの代表作を網羅したアルバムとなっている。

アルバムの初回生産限定盤には特典映像として昨年行われたアコースティック配信LIVE「音が孤独を覆うまで・喪失」も収録されており、ボーカル京寺が監修したコンセプトブックもついてくる豪華仕様となっているので、是非チェックしてほしい。

先日アルバムと同時リリースと発表した両A面シングルの詳細については後日発表となっている。

ED主題歌アーティスト・眩暈SIRENコメント

この度エンディングを担当しました、眩暈SIRENと申します。
福岡の片隅でひっそりと生きる我々がこのような素晴らしい作品に関わることができ、大変嬉しく思います。
少しでも作品を彩れる楽曲になれるよう、誠心誠意書き下ろさせていただきました。
ED曲の「不可逆的な命の肖像」は大衆の共通認識、常識などに焦点を当て、願いの為に戦う主人公達と王によって統治された世界の対峙を表現しました。
どうかアニメの最後までご視聴頂けると幸いです。

眩暈SIREN「不可逆的な命の肖像」歌詞が熱い!音源公開!

『ビルディバイド -#000000-(コード ブラック)』ED:眩暈SIREN「不可逆的な命の肖像」の音源がアニメPV第1弾で公開!作品の世界観が表現された熱い歌詞、儚く美しいサウンド&歌声などにも注目!

▼エンディングテーマ
眩暈SIREN
「不可逆的な命の肖像」
作詞:京寺
作曲:オオサワレイ, 眩暈SIREN
編曲:眩暈SIREN
レーベル:MASTERSIX FOUNDATION

アルバム「喪失」リリース情報

眩暈SIREN フルアルバム『喪失』

眩暈SIREN
メジャー移籍後初のフルアルバム「喪失」
2021年11月24日(水)発売予定

■初回生産限定(CD+DVD)
※クリア三方背ケース付 コンセプトブック型(スペシャル)デジパック仕様
※ボーカル京寺監修【喪失】コンセプトブック付き
【-DVD-】
アコースティックト配信LIVE
【音が孤独を覆うまで ・喪失】映像11曲(2020.09.01)+ MVを収録

■通常盤(CD)
<収録曲>
1.しじま
2.不可逆的な命の肖像 ※TVアニメ「ビルディバイド -#000000-(コード ブラック)」EDテーマ
3.紫陽花 ※ショートムービー「終わらない世界」主題歌
4.夕立ち ※TVアニメ「からくりサーカス」EDテーマ
5.群青
6.雨垂れに溶ける
7.滲む錆色 ※オリジナルアニメ「spinoid」主題歌
8.斜影
9.image _ ※TVアニメ「pet」OPテーマ
10.結末は日暮れの矛盾
11.霧雨の降る場所
12.アザヤカナ

眩暈SIRENプロフィール

Vo. 京寺 / Gt. オオサワ レイ / Ba. 森田 康介 / Piano&Vo. ウル / Dr. NARA
福岡で結成された5人組ロックバンド
Vo. 京寺の描く厭世的な歌詞の世界観とバンドの直情的で激しいトラックが、日常の閉塞感や息苦しさ、それを覆う無力感を表現している。
夢も希望も無い、そしてそれを知った所でどうしようもない…。
そんな現実に嘆く人々の代弁者として“孤独”を感じる多くの若者から人気を獲得している。

音楽カテゴリの最新記事