ディープインサニティ最終回/12話感想!結末ラスト・最後のシーン、時雨・エイデン死亡考察

ディープインサニティ最終回/12話感想!結末ラスト・最後のシーン、時雨・エイデン死亡考察

アニメ『Deep Insanity THE LOST CHILD』(ディープインサニティ ザ ロストチャイルド)最終回/12話感想・考察!

最終回/12話の感想付きネタバレストーリー、結末ラスト・最後のシーン、時雨・エイデンの死亡についての考察もお届けしています。

ディープインサニティ最終回/12話ネタバレ感想・考察

飛行機


アニメ『Deep Insanity THE LOST CHILD』配信中!

アニメ『Deep Insanity THE LOST CHILD』(ディープインサニティ ザ ロストチャイルド)最終回/12話「Resolution」では、時雨が知っている結末を回避するため、ラリー・餅木スミレ・小鳩玲香に協力を求めていました。

そして、ラリー・小鳩玲香がナディアを襲い、敵の飛行機を奪っています。基地への着陸時には、機体の翼が折れていましたが、これは故意に折ったと考察できます。エイデンが飛行機で逃走する選択肢を無くすために飛行不能にして、自分たちが死亡しない程度に調整していた印象です。

エイデン死亡

最終回では、エイデンが時雨とのバトルに負け、不気味に笑いながら飛び降るシーンも描かれていました。エイデンの元仲間であるレスリーが転落死したことを踏まえると、エイデンも同じように転落死を選んでいたように思えてきます。

また、エイデンは時雨たちに殺されるくらいなら、自分で命を絶った方がマシだと考えていたのかもしれません。もしくは、知っている機密情報が漏れることを恐れて、飛び降りた可能性も考えられます。

名言

時雨がヒーローになれないとしても、泣いている少女を救いたいといった内容の名言を言う場面も最終回内にありました。時雨は元々ヒーローになりたくてスリーパーに志願していましたが、ヒーローへの憧れよりも目の前の少女(=エルシー=ヴェーラ)を救う意志を示すところがグッときました!

その後、時雨が作戦失敗(=死亡)に慣れているヴェーラに対して、死への恐怖を持つことが大切だと指摘するようなシーンも描かれています。エルシー暗殺のことでルール・掟を忘れかけている、あるいは例外・適用除外のようにしているヴェーラに対して、再確認させる点が特徴的でした。

時雨のセリフは、それこそが目的達成に必要なことだと気づかせてくれる内容で、胸に響くものがありました。また、レスリーが時雨に教えた掟を、最終回では時雨がヴェーラにお願いする展開も良かったですね。


アニメBlu-ray BOX 2022年3月30日発売!

時空・邪神化

最終回では、ヴェーラがエルシー(=過去の自分)を消せば、時空に矛盾が起こると明かされるシーンも描かれていました。ヴェーラはエルシーを暗殺したと同時に、ループが始まっているような描写もありましたので、本人による暗殺は最初から実現不可能になっていると考察できます。

子供のエルシーが生き伸びて大人のヴェーラになっている歴史を改変できないために、エルシーは死亡しないように管理されている状態とも言えます。それでも世界を危機に陥れる力を持つエルシーは居ない方が良いと考えているヴェーラは、時空の理が変わるかもしれない僅かな希望にかけて、何度も暗殺を試みていたのかもしれませんね…。

そして、エルシー&アイスマンが融合し、不完全な状態で邪神化する展開もありました。不完全な邪神化=ヴェーラの手が消え始めている状態だったことを踏まえると、完全な邪神化=ヴェーラが消える(死亡する)状態になると考察できます。そうすると、ヴェーラが邪神に殺されていたように見えた過去回のシーンは、実際には完全な邪神化がヴェーラの直接的な死因だと考察できそうです。

時雨死亡・エルシー生存

小鳩玲香が最終手段でFIBEのリミッターを解除して蹴るシーンも最終回内にありました。義足がバラバラに壊れていましたので、全身全霊で魂を込めていることが伝わる激アツシーンでした!

そして、時雨がアルカを邪神に突っ込んだ後、触手に刺されていました…。ここで時雨がもう一つのアルカを突っ込むと、閉じ込めた力が爆発するような形で空に伸びていった後、邪神が消えています。

最初は邪神が消えたことで、エルシー・アイスマンも消えたように見えましたが、エルシーは別シーンで生きていました。そうすると、邪神のコアとなるエルシーの能力だけが無くなった状態なのかもしれません。

ヴェーラが持っていたアルカにエルシーの力を閉じ込め、それが時空に飲み込まれたイメージも湧いてきます。それには時雨が持っていたアルカも干渉しているような印象も受けました。

2つのアルカが干渉した結果、時雨のループ能力&エルシーの力が消えたとも考察できます。時雨はループ能力を失ったことで死亡し、エルシーは邪神のコアとなる能力を失った状態で生き延びたと解釈できそうです。

ヒーロー・三角形

最終回では、ヴェーラが時雨に駆け寄る場面も描かれていました。時雨は片目が充血していて、消えかけていましたので、涙腺が刺激されました…。そして、時雨はヴェーラに生きるように伝え、アルカを渡した後に死亡しています…。

時雨は命懸けでエルシー(=ヴェーラ)を救っていますので、その勇姿はヒーローそのものです。ヒーローになりたかった時雨が、命を落とす形でそれを実現していくような展開がエモいですね…。また、ED曲は優しいバージョンに変わっていましたので、時雨をあたたかく包み込むような雰囲気がありました。

さらに、大きめの三角形2つを小さめの三角形が繋いでいるデザインのネックレスも映し出されていました。これは、6話でヴェーラがレスリーに渡していたネックレスと同じものだと解釈できそうです。

三角形は時雨がヴェーラ&エルシーを、レスリーがヴェーラ&時雨を、ヴェーラが時雨&レスリーを繋いでいるようにも見えます。合計3つの三角形は、様々なパターンが当てはまりそうですね。レスリーの想いを受け継いだ時雨、その時雨の想いを受け継いだヴェーラの繋がりも連想されます。

結末ラスト・最後のシーン

最終回の結末ラストでは、ゲームキャラであるウー・イノミネタスが登場していました。新スリーパーとして赴任され、ヴェーラの前に立っていましたので、時雨が最初に赴任されたシーンが連想できました。

そして最後は、Deep Insanity ASYLUM (ディープインサニティ アサイラム)とゲームタイトルが映し出されて終わりとなっていました。Deep Insanityはアニメ→ゲームの時系列になっていて、アニメの世界線で起きた出来事があるからこそゲームの世界線があり、受け継がれていく雰囲気も伺えました。

ディープインサニティ最終回/12話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『Deep Insanity THE LOST CHILD』(ディープインサニティ ザ ロストチャイルド)最終回/12話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

最終回/12話では、時雨がアルカを使ってエルシー(=ヴェーラ)を救い、死亡する展開などが描かれていました。時雨が命懸けで勇姿を見せる展開は、クライマックスの最終回らしい展開で、涙腺が刺激されました…。

本アニメは魅力的なキャラデザ・人物設定、アサイラムで起こる出来事・ループ能力を含む各設定、熱い戦闘描写、仲間同士の絆、伏線を交えた考察要素のあるストーリーなど、見どころ満載の面白いアニメだと評価できます。

アニメBlu-ray BOXは2022年3月30日に発売、漫画は単行本各巻が発売中、ゲームも配信中ですので、Deep Insanity(ディープインサニティ)プロジェクトの展開に引き続き注目していきましょう!

© 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

アニメ・漫画カテゴリの最新記事