歌詞の意味を考察!「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」

歌詞の意味を考察!「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」

『ヒプノシスマイク』The Dirty Dawg と Secret Aliens のバトル曲「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」歌詞の意味考察、楽曲感想・CD発売情報などをお届け!

タリズマン・山椒魚などを含めた歌詞の意味を考察しながら、楽曲の魅力に迫ります!

「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」が神曲!

アニメ13話挿入歌

TVアニメ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』 Rhyme Anima 第13話挿入歌として、伝説のユニット「The Dirty Dawg」と アニメオリジナルキャラクターによるユニット「Secret Aliens」のバトル曲が登場!

曲タイトルは「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」。アニメ内で放送されたリリックビデオの一部が、ヒプノシスマイク公式YouTubeチャンネルにて公開!

歌詞パート順

①神宮寺寂雷(効果:The Dirty Dawg 体力回復)
②アイリス(効果:Secret Aliens スキルアップ)
③碧棺左馬刻
④レックス
⑤飴村乱数→山田一郎
⑥トム

楽曲・ストーリー感想

「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」の歌う順番は ダメージを受けているThe Dirty Dawgからでした。これは神宮寺寂雷のラップでThe Dirty Dawgの体力を回復させて、公平に戦いたいというSecret Aliensの粋な計らいでしたね。

これをアイリスが語った直後、攻撃的なラップを披露していました。12話挿入歌「Love Dimension」でのアイリスは、どこか柔らかくて優しいラップという印象でしたが、「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」では攻めたラップを披露しています。このギャップには胸を鷲掴みにされましたね!

そして、レックスがティラノサウルスを絡めたワイルドなラップを披露していた点、飴村乱数のポップなラップに山田一郎のかっこいいラップが加わっていく点も熱い展開でした。

さらに、トムの流暢すぎる英語に加え、井伏鱒二の短編小説「山椒魚」を比喩表現として使用している点もエモいです…!

「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」は、ラスボス戦のようなラップバトル曲で、アニメ最終13話に相応しい素敵な楽曲でしたね。

歌詞の意味考察

解剖図

「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」の歌詞には、神宮寺寂雷たちが中王区の解剖図を手にするという内容のフレーズが登場していました。
これは、謎多き中王区の実態・正体などを暴いてやる!という強い意思が込められている印象です。

タリズマン・考古学

アイリスの歌詞パートでは、The Dirty Dawgの関係は仮住まいで、Secret Aliensの関係は家族であることに言及。
これは、神宮寺寂雷と飴村乱数 & 碧棺左馬刻と山田一郎が揉めている点、この場限りでThe Dirty Dawgを再結成している状況を指摘していると言えます。一方で、Secret Aliensは信頼し合っているので、自分たちの方が優勢だというメッセージが込められている印象です。

また、タリズマン(=護符)という言葉も出てきました。これは、アイリスがトムに助けてもらった過去があることから、今度はアイリスがトムを守る番だと言っているんでしょう。

さらに、The Dirty Dawgはオールドガイで、考古学は専門外などと歌っています。これは、The Dirty Dawgが古びた遺跡のようになっていると指摘し、それを解明する分野の考古学は専門外だとディスっているんでしょうね。

進化

碧棺左馬刻の歌詞パートでは、ラップ歴が長いThe Dirty Dawgが進化していること、Secret Aliensが初心者であることなどに言及。
これは、アイリスからディスられたので、俺らは退化しているのではなく、進化しているんだと言い返しているんでしょうね。また、経験値が高いので、初心者のSecret Aliensなんかには負けないという意思も感じ取れました。

山椒魚

トムの歌詞パートでは井伏鱒二の短編小説「山椒魚」に絡めた歌詞が登場していました。これは山椒魚が外に出ることができずに閉じ込められているストーリーを、今のThe Dirty Dawgや各ディビジョンメンバーに例えていると考察することができます。

ヒプノシスマイクを使ってバトルしている状況は中王区の管理下にありますので、The Dirty Dawgたちは その中で泳がされているだけであり、その状況は打開できないと言っているのかもしれません。

トムは、ルックスと性格がイケメンであることに加えて、「山椒魚」の比喩ラップを披露する 知的なところも推しポイントですね!

The Dirty Dawg と Secret Aliens のラップバトル曲「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」は、歌声やサウンドなどに加えて、様々な考察ができる歌詞にも注目です!

CD発売情報

「D.R.B Rhyme Anima -EX- The Dirty Dawg VS Secret Aliens」は、2021年1月13日に発売されるアルバム「Straight Outta Rhyme Anima」に収録!ゲーマーズほかにて限定特典も付属!

©『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima 製作委員会

ヒプノシスマイク(ヒプマイ)カテゴリの最新記事