『はたらく細胞』血小板ちゃんがかわいい!悶絶患者の原因を究明!

『はたらく細胞』血小板ちゃんがかわいい!悶絶患者の原因を究明!

血小板ちゃんってなんであんなにかわいいの?アニメ『はたらく細胞』で血小板ちゃんに悶絶している視聴者多数!

この記事では、かわいいポイントごとに分けて、悶絶してハートのすり傷が治らない患者さんの原因を究明してみたいと思います!

オススメ記事!

血小板ちゃんのかわいい容姿!

はたらく細胞 血小板ちゃんがかわいい
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

 

身長は小さく、血小板と書かれた白い帽子をかぶっており、きらきらした純粋そうな瞳を輝かせています。こんな瞳で見られたら、もうハートのすり傷を負ってしまうよ!

水色で丈が長めの服を着ており、一般的な幼稚園児服を連想しますね!幼稚園児風な血小板ちゃんがかわいい!黄色い肩掛けバックを持っていることもあります。

血小板は一般的な細胞よりも小さいことから、小さい容姿に擬人化して描かれているんですね。思わず抱きしめたくなるほどかわいいです!

血小板ちゃんのかわいい声に悶絶必至!声優は?

血小板ちゃんがかわいいのは、幼稚園児のようなキュートな声も外せないポイント!胸の中をくすぐられるようなかわいい声に、悶絶してしまいますね。

中の人が気になったので、『はたらく細胞』のエンディング・クレジットを見ていると、この方の名前がありました!

血小板ちゃんの声優は、長縄まりあさん

(長縄まりあさんは、画像右)

血小板ちゃんのかわいい声は、長縄まりあさんが担当されています。長縄まりあさんは、アイムエンタープライズに所属されていて、1995年8月5日生の23歳です。

画像のように、かわいらしい方ですね!血小板ちゃんの中の人と知って納得しました。

アイムエンタープライズで同期の、小澤亜李さん(画像左)とは、非常に仲がいいため、「文化放送超!A&G」「小澤亜李・長縄まりあのおざなり」という2人がパーソナリティを務める番組を持っています。

2014年から活躍されており、『六畳間の侵略者!?』ティアミリス・グレ・フォルトーゼ 役『小林さんちのメイドラゴン』カンナカムイ 役『スロウスタート』千石冠 役など、実績を積み重ねています。

今回の『はたらく細胞』血小板 役で大ブレイクの予感!今後の活躍も注目したいですね!

血小板ちゃんのかわいいセリフに心を奪われる!

「あのねあのねッッ」

はたらく細胞 かわいい血小板ちゃん
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

 

アニメ『はたらく細胞』1話では、工事で通行止めであることを説明するシーンがありました。その説明をする前に言ったセリフです。

小さな体で、工事現場で交通整理している姿も胸キュン必至!「通行止め」と書かれたものを持ちながら、小刻みに跳ねてしゃべる血小板ちゃんに、心を奪われましたね!

「落としちゃった」「拾ってぇぇぇ」

はたらく細胞 血小板ちゃんが凝固因子を1つ落とすシーン
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

 

アニメ『はたらく細胞』2話では、たくさんの凝固因子を運んでいた血小板ちゃんですが、その中の1つを落としてしまったときのセリフです。

画像のように、カゴに溢れんばかりの凝固因子を持って、その中の1つが落ち始めていますよね。一生懸命持っている姿にも悶絶必至!

「はい!すぐ拾ってあげるよ!」(笑)。すぐにでも駆けつけて拾いたくなるシーンでした。

「下りられたぁ」

たくさんの凝固因子を持ちながら階段から下りるシーンは、みんな息を合わせて無事に階段を下りきりました。

階段を下りるだけなのに、こんなにかわいいって・・・!下りられたことを、血小板ちゃんたち同士や、赤血球たちと喜び合いました。

血小板ちゃんが働いている姿がかわいい!

重たい荷物を小さな体で運んで働く姿

はたらく細胞 かわいい血小板
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

 

体外の、私たちが見る子供たちは、学校に行って遊んでいるお年頃です。しかし、体内の子供たちである血小板ちゃんたちは、お仕事をして既に働いているのです。

引率役の血小板ちゃんが「ピッピッ」と笛を吹き、他の血小板ちゃんたちは「うんしょ、うんしょ」と言いながら、重たい荷物を運んでいるシーンがかわいい!

引率の先生がいるわけではなく、引率役をしている血小板ちゃんがいるところもかわいいポイントです。

「みんな!気をつけよう!」と、血小板ちゃんが言うと、「はぁーい!」と元気よく返事をする血小板ちゃんたち。なんてかわいいんだ・・・!これだけで悶絶してしまうよ!!

すり傷を治すプロ!

はたらく細胞 血小板がはたらく姿がかわいい
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

 

これまでご紹介してきたように、とってもかわいい血小板ちゃんですが、すり傷を治すシーンでは、頼もしいプロフェッショナルな姿を見せてくれます。

2話で、すり傷ができ、傷口から細菌が侵入して白血球が戦うシーンがありました。細菌側が優勢な戦いを展開していましたが、この状況をひっくり返すあのキャラが登場します。

マクロファージ、キラーT細胞、B細胞でもない頼もしい仲間!そう、血小板ちゃんですね!

シリアスシーンから、一瞬でかわいい血小板ちゃんに悶絶するシーンに変わります。「お疲れ様です!」と言って、はぐれないことや、勝手な行動はしないことなどを確認する血小板ちゃんたち。

凝固因子でフィブリンを繋ぎ合わせて、血栓を作った血小板ちゃんたちに背中を押されて、白血球は最後の細菌を倒していました。

血栓は、かわいい子供たちの作った作品を、見せてもらったかのような気分になりました(笑)。血小板ちゃんというかわいい妹、子ども、姪っ子ができた気分になりませんか?♪

はたらく細胞 血小板ちゃんが赤血球を連行
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

 

画像は、二次血栓のために赤血球たちを連行する血小板ちゃんの姿です。こんなに小さな体で、たくさんの大人の赤血球たちを、たった1人で連行しています(笑)。

傷口を塞いで、体内の平和を守っている頼もしい一面もあるんですね!カサブタができて完全に治ると、血小板ちゃんの仕事は無事に完了というわけですね!

まとめ かわいい血小板ちゃんに悶絶しよう!

血小板ちゃんのかわいいポイントをお伝えした本記事は、いかがでしたか?行動やセリフの一つひとつがかわいいので、血小板ちゃんが登場したら、注目してしまいますね!

この記事を読んでくださったあなたは、『はたらく細胞』を見て、かわいい血小板ちゃんに悶絶しよう!!

『はたらく細胞』Blu-ray

『はたらく細胞』が見れる主な動画配信サービス

動画配信サービスだと、好きなときに、好きなデバイスで、何回でも好きなシーンを繰り返し見れるところが魅力ですよね。

動画で、かわいい血小板ちゃんの姿をチェックしてみましょう!

はたらく細胞カテゴリの最新記事