『魔王学院の不適合者』1話ネタバレ感想!魔法の描写・キャスト陣の名演技など見どころ満載!

『魔王学院の不適合者』1話ネタバレ感想!魔法の描写・キャスト陣の名演技など見どころ満載!

アニメ『魔王学院の不適合者』1話ネタバレ感想記事です。

アニメ『魔王学院の不適合者』1話感想付ネタバレストーリー・見どころなどをお届けしています。

 

『魔王学院の不適合者』1話感想付ネタバレストーリー

中田譲治さんのナレーションからスタート

TVアニメ『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』1話は、人気声優・中田譲治さんのナレーションからスタート!艶のあるダンディーな声にうっとりしましたね!

学院に向かうアノスがミーシャの落し物を拾っていると、アノス両親&ミーシャ義父が 物凄い勢いで アノス&ミーシャを応援しています。

その後 アノスとミーシャが校門前に到着すると、ゼペスが挑発してきます。そしてアノスは、とある方法でゼペスを黙らせていました。

アノスvsゼペス

入学実技試験のシーンでは、アノスとゼペスが対決。ゼペスは魔剣を振りかざすも、圧倒的な強さを誇るアノスの前では相手になりません。

アノスは、ゼペスを殺して蘇生するなどの能力を発揮していました。

圧倒的な強さを誇るアノスが、皮肉たっぷりの挑発ぶりを見せていたはずのゼペスをひれ伏す展開は、スカッとして気持ちが良かったですね。

他人が嫌がるような発言や態度を取ると、必ず自分に返ってくる という世の摂理を、本作品が描いてくれているような気持ちにもなりました。

魔力測定

魔力測定のシーンでは、ミーシャは高い数値を出し、アノスは魔力が強すぎて数値「0」となっていました。

この魔力測定の描写は、俺TUEEEチート系作品では鉄板なのかもしれませんが、やはり測定不能の展開となりましたね。

豊崎愛生さんの振り切った演技

アノス家にミーシャがやってきたシーンでは、アノスと母親・イザベラのやりとりが和みましたね!アノスとミーシャの関係を根掘り葉掘り聞くイザベラが面白いシーンでもありました。

また、イザベラ役 豊崎愛生さんが振り切った演技を披露されていたため、『慎重勇者』リスタルテを思い出しました(笑)。アノスの父親・グスタもナイスな立ち回りを見せていましたよね。

アノス両親の愉快な雰囲気は、作品のシリアス展開との関係で、良いバランスを取っていますので今後も必見です!!

アノスvsリオルグ

アノスの過去話を聞いたミーシャが、アノスの頭を撫でているシーンが描かれた後は、ゼペスの兄・リオルグとアノスの対決シーンになっていきます。アノスが強すぎて、対決にもならない展開が痛快でした。

また、ここでは それぞれのかっこいい必殺技・魔法の描写が多数盛り込まれていましたので、スタッフ陣の丁寧な制作に脱帽です!

さらに、家族・兄弟としての考え方に関する名言をアノスが言っていましたので、こちらも見逃してはいけない名シーンでしたね!

そして1話ラストは、アノスの決め台詞が気持ちよく決まったところでエンディングとなりました。

なお使用曲はOP曲でしたが、これはアノスの決め台詞が決まったシーンとの相性や、ついにアニメ『魔王学院の不適合者』がスタートした点との絡みもあっての演出だったものと思われます。

エンディング後は、アノスの魔力測定結果が《不適合者》となっていることが語られて、アニメ『魔王学院の不適合者』1話は終了となりましたーー!!

 

『魔王学院の不適合者』1話ネタバレ感想まとめ

アニメ『魔王学院の不適合者』1話の感想付ネタバレストーリー・見どころなどをお届けいたしました。

アニメ『魔王学院の不適合者』は、本来4月から放送予定だった作品でしたので、アニメが放送開始したことが嬉しかったですね。

アニメ1話は、3秒ルールなどのアノスによる2000年前ジョークや圧倒的な強さ、かっこいい戦闘シーン、アノス両親の面白い立ち位置などが印象的な回でした。

また、アノス役 鈴木達央さんや イザベラ役 豊崎愛生さん達の名演技も楽しむことができました。

アニメ2話以降は ミーシャの双子の姉・サーシャも登場していきますので、ぜひ2話以降も視聴継続していきましょう!

以上、アニメ『魔王学院の不適合者』1話感想などについてでした!

魔王学院の不適合者カテゴリの最新記事