『約束のネバーランド』1話感想!人は鬼の家畜!私達も家畜を喰らう皮肉…【アニメネタバレ】

『約束のネバーランド』1話感想!人は鬼の家畜!私達も家畜を喰らう皮肉…【アニメネタバレ】

アニメ『約束のネバーランド』1話のネタバレストーリーや1話全体の感想・考察についてまとめています。

早速見ていきましょう!

アニメ『約束のネバーランド』1話のネタバレストーリー

おにごっこ

グレイス=フィールドハウスには孤児たちが集められて、みんなが仲良く暮らしています。食事や教養なども過不足なく与えられています。これもすべて将来の「アレ」のために……。

ある日、孤児たちはおにごっこをしていました。ノーマンが皆を捕まえて、残るはエマだけとなっていました。ノーマンは、優しいエマの弱点を突いて捕まえています。

身体能力の高いエマでしたが、頭脳派であるノーマンの作戦勝ちでした。

施設の外へ…

その後、場面が変わり、コニ―が施設の外に行っても手紙を書くと笑顔で言っています。コニ―は施設を出ることが決まっていたのです。

コニ―がぬいぐるみを忘れて出て行ったことに気づいたエマは、ノーマンを連れて、コニーを追いかけることになります。施設の外に出て、トラックを見つけると、コニ―がとんでもない姿になっています…。

・・・コニーの笑顔は奪われてしまいました。施設の外に行っても手紙を書くと笑顔で言っていたあのコニーの笑顔はもう見ることができません。

そこへ、鬼がやってきて、話をしています。エマとノーマンはトラックの下に隠れて、一部始終を聞いてしまいます。

出荷される運命…

――なんとエマたちは人肉として育てられて、ゆくゆくは出荷される運命だったのです…。人間は、鬼の家畜というわけですね…。

グレイス=フィールドハウスで飼育されている人間は、金持ち向けの高級品ということが鬼によって語られます。

今まで鬼に食べられるために生きてきた―――ということをエマたちは知り、脱獄することを決意するのでした。

1話全体の感想・考察まとめ

人間は鬼の家畜

人間が鬼の家畜ということで、ゾッとしますね。人肉の出荷対象となったコニ―は、帰らぬ人となってしまいました…。

これは、私たち人間が、牛や豚を飼育して笑顔で食べていることを考えると、そういう意味でもゾッとします…。

優秀な家畜を、私たち人間は喜んで喰らう存在――。

Acid Black Cherry「ジグソー」

ここで、筆者はAcid Black Cherryというロックバンドの「ジグソー」という曲を思い出しました。

動物愛護と唱い喜んで肉を喰らい

という歌詞が「ジグソー」にはあります。世の中の矛盾、皮肉を感じ取ることができる曲です。

私たち人間も肉を笑顔で食べているという皮肉…

私たち人間が肉を笑顔で食べていることは、鬼のやっていることと、言ってしまえば似たようなものですよね。そういう意味では、牛や豚も『約束のネバーランド』のような社会なのかもしれません。

エマたちはグレイス=フィールドハウスという施設、牛であれば牛舎ですね…。

牛舎で育てられている牛は、エサを与えられ、美味しいお肉に育てられた後、私たち人間に食べられてしまう運命です…。胸が痛みますね…。

A5ランクなどとランク付けまでして人間は笑っています。牛からすれば食べられる運命ですから、人間の笑顔はどう見えているのでしょうか…。

このあたりを考えると、私たちは感謝して牛などの肉を頂かなければなりませんよね。

筆者は、原作1巻のこのシーンを読んだ後、しばらく肉を食べれられませんでした…。

祝アニメ化!

あのエマたちがしゃべる!動く!ということで、今回のアニメ1話は非常に期待していました。

声優さんがキャラに溶け込んでいましたので、原作を読んでいる側としても違和感なく楽しむことができました。やはり『約束のネバーランド』は面白い!

なお、今回の1話はAmazon prime videoで先行配信されました。Amazon prime videoは、先行配信や独占配信などを結構やっているサービスなので、加入して損をしないおすすめのサービスですよ!

2話以降はAmazon prime videoも地上波と足並みを合わせて配信をするようですね。その他の動画サービスも配信そのものはありますが、1話は先行配信という運びとなりました。

以上、アニメ『約束のネバーランド』1話についてでした!2話以降も注目していきましょう!

約束のネバーランドカテゴリの最新記事