スパイファミリー、アニメ制作会社の評判&作画・キャラデザ絵師情報

NO IMAGE

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)アニメ制作会社はWIT STUDIO×CloverWorks!

本稿では、 『SPY×FAMILY』アニメ制作会社の評判、作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報などについてまとめてお届け!

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)アニメ制作会社発表!

TVアニメ『SPY×FAMILY』第1弾PV ©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

『SPY×FAMILY』(読み方:スパイファミリー)のアニメ化が決定し、アニメ制作会社はWIT STUDIO×CloverWorksと発表されました。

『SPY×FAMILY』は集英社「少年ジャンプ+」連載漫画が原作(作者:遠藤達哉)。テレビアニメは2022年に放送。キャストは江口拓也さんらが出演。

WIT STUDIO と CloverWorksは、これまでに多数の人気作を手掛けている有名なアニメ制作会社です。次は、アニメ制作会社の評判、代表作品などに触れていきます。

アニメ制作会社の評判・代表作品

WIT STUDIO

WIT STUDIO(読み方:ウィットスタジオ)は評判の良いアニメ制作会社で、戦闘シーン&日常パートなどを含めてハイクオリティのアニメ映像でファンを魅了しています。

アニメ制作の代表作品に『進撃の巨人』『ローリング☆ガールズ』『甲鉄城のカバネリ』『魔法使いの嫁』『恋は雨上がりのように』『ヴィンランド・サガ』『GREAT PRETENDER』『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』『王様ランキング』などがあります。

CloverWorks

CloverWorks(読み方:クローバーワークス)の評判も良く、完成度の高いアニメ映像を次々に生み出しています。特に繊細で丁寧な作画が特徴的です。

アニメ制作の代表作品に『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』『約束のネバーランド』『冴えない彼女の育てかた Fine』『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』『シャドーハウス』『ホリミヤ』『ワンダーエッグ・プライオリティ』などがあります。

『SPY×FAMILY』が放送される2022年は、『その着せ替え人形は恋をする』のアニメーション制作も担当しています。次は、『SPY×FAMILY』作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報をチェックしていきましょう。

作画崩壊の有無・キャラデザ絵師情報

アニメ『SPY×FAMILY』作画崩壊の有無については、ビジュアルやPVを見ると綺麗な作画になっていますので、本編でも作画崩壊しない可能性が高いと言えます。キャラクター・背景も丁寧に描かれており、安定した作画になることが予想されます。

『SPY×FAMILY』のキャラクターデザインは嶋田和晃さんが担当しています。『魔法少女なんてもういいですから。』『約束のネバーランド』などでキャラクターデザイン/総作画監督を務めたスタッフさんです。

なお、監督の古橋一浩さんは『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』『あまつき』『機動戦士ガンダムUC』『将国のアルタイル』『どろろ』などで監督を、音楽プロデュースの(K)NoW_NAME(読み方:ノウネイム)は『灰と幻想のグリムガル』『サクラクエスト』『Fairy gone フェアリーゴーン』『ドロヘドロ』などで音楽プロデュースを担当しています。

アニメ『SPY×FAMILY』は豪華スタッフ陣が集結していますので、非常に期待が高まります。2022年放送のアニメを楽しみに待ちましょう!


©遠藤達哉/集英社
原作漫画『SPY×FAMILY』発売中!

『SPY×FAMILY』アニメ制作会社&作画・キャラデザ絵師まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)アニメ制作会社の評判、作画崩壊の有無、キャラデザ絵師情報などについてまとめてお届けしました。

『SPY×FAMILY』はアニメ制作会社・WIT STUDIO×CloverWorksが手掛ける注目アニメ。作画崩壊の可能性は低く、綺麗な作画・ハイクオリティのアニメ映像でファンを魅了することが予想されます。

面白いストーリー設定、原作に忠実なキャラデザなど、多くの魅力があるアニメ『SPY×FAMILY』。見どころ満載の話題作となっていますので、今後の展開にも引き続き注目です!

■作品概要
SPY×FAMILY スパイファミリー アニメ化!声優・放送日・あらすじ&原作漫画概要

アニメ・漫画カテゴリの最新記事