ツインエンジンがアニメ制作会社スタジオカフカを設立!「魔法使いの嫁」新OADシリーズで始動!

ツインエンジンがアニメ制作会社スタジオカフカを設立!「魔法使いの嫁」新OADシリーズで始動!

ツインエンジンがアニメ制作会社スタジオカフカを設立!「魔法使いの嫁」新OADシリーズで始動!

アニメ制作会社スタジオカフカ 代表取締役・成瀬晃一氏からコメントも到着!

ツインエンジンがアニメ制作会社スタジオカフカを設立!

アニメーション制作会社スタジオカフカ

アニメーションの企画・プロダクションを行う株式会社ツインエンジンが、新アニメ制作会社・株式会社スタジオカフカを設立。また、3月10日に発表された「魔法使いの嫁」新OADシリーズの制作を同スタジオが担当します。

スタジオカフカは、「魔法使いの嫁」の新OADシリーズとなる完全新作エピソード「魔法使いの嫁 西の少年と青嵐の騎士」の制作を目的として立ち上がりました。同スタジオには、代表の成瀬と長年制作を共にしてきた阿比留隆彦(代表作:「ヴィンランド・サガ」キャラクターデザイン)や寺澤和晃(代表作:「オーバーロードIII」絵コンテ・演出)など、確かな実力と経験を兼ね備えたクリエイターたちが所属。「丁寧な画面を作る」という信念のもと、高い熱量で作品と向き合い制作に取り組んでいきます。

代表取締役・成瀬晃一 コメント

この度「魔法使いの嫁」の次なる展開である新OADシリーズの制作にチャレンジするため、「スタジオカフカ」を設立しました。ツインエンジングループのシナジーを最大限に活かし、良質なアニメーションを作り出せる体制で制作しております。TVアニメシリーズを経て、ファンの皆様により一層楽しんでいただけるアニメ「魔法使いの嫁」をお届けしますので、是非ご期待下さい!

「魔法使いの嫁」新OADシリーズ制作!

【新作アニメ】OAD「魔法使いの嫁 西の少年と青嵐の騎士」

同スタジオが手掛ける最初の作品は、設立の理由にもなった「魔法使いの嫁」の新OADシリーズです。原作者ヤマザキコレ先生原案の完全新作エピソード「魔法使いの嫁 西の少年と青嵐の騎士」を3部作でアニメ化。OADとして原作コミックス16巻~18巻の特装版に収録を予定しています。
「魔法使いの嫁」は原作漫画が大きな話題となり、2017年にWIT STUDIO制作でTVアニメ化。スタジオカフカがそのバトンを受け継ぐ形で、ファン待望の新作アニメを手掛けます。新OADシリーズの監督はスタジオカフカの寺澤和晃。TVアニメシリーズのメインスタッフに新たなスタッフを加え、色鮮やかでファンタジックな世界観を再び映像化します。

▼OAD特設サイト
https://magus-bride.jp/wildhunt/

▼「魔法使いの嫁」OADメインビジュアル

【新作アニメ】OAD「魔法使いの嫁 西の少年と青嵐の騎士」
©2022ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁OAD製作委員会

▼「魔法使いの嫁」アニメ新プロジェクト始動PV

2017年秋に放送されたTVアニメシリーズから約3年。アニメ新シリーズ始動を記念して、最新のアニメーションPVが公開されました。新規アニメーションカットをスタジオカフカが制作しています。

会社概要

社名:株式会社スタジオカフカ
本社:東京都中野区
代表取締役:成瀬晃一
HP:http://www.studio-kafka.jp/
Twitter:@studio_kafka

ツインエンジングループについて

社名:株式会社ツインエンジンン
本社:東京都新宿区
代表取締役:山本幸治
グループ会社:株式会社EOTA、株式会社スタジオコロリド、株式会社ジェノスタジオ、株式会社Lay-duce、パンケーキ株式会社、株式会社Peakys、株式会社スタジオカフカ、株式会社リレイション
HP:https://twinengine.jp/
Twitter:@Twin_engine
代表作: TVアニメ「どろろ」、TVアニメ「ヴィンランド・サガ」、劇場長編アニメ「ペンギン・ハイウェイ」、「泣きたい私は猫をかぶる」 、劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」、Webアニメ「薄明の翼」など

アニメ・漫画カテゴリの最新記事