『シンフォギア』キャロル「スフォルツァンドの残響」歌詞の意味考察・発売日情報!

『シンフォギア』キャロル「スフォルツァンドの残響」歌詞の意味考察・発売日情報!

『戦姫絶唱シンフォギアXV(5期)』挿入歌「スフォルツァンドの残響」(歌:キャロル・マールス・ディーンハイム CV:水瀬いのり)より、歌詞の意味考察・収録CD発売日・スフォルツァンドの意味などについてご紹介しています。

「スフォルツァンドの残響」(歌:キャロル・マールス・ディーンハイム CV:水瀬いのり)が神曲!

youtube試聴動画

『戦姫絶唱シンフォギアXV(5期)』7話・8話挿入歌

「スフォルツァンドの残響」(歌:キャロル・マールス・ディーンハイム CV:水瀬いのり)は、まず『戦姫絶唱シンフォギアXV(5期)』7話の挿入歌・特殊EDとしてアニメ内で流れていました。

キャロルは3期のラスボスキャラとして登場し、その後エルフナインの体を構成していましたが、なんと5期7話にてキャロルが再登場していました。

5期8話では、キャロルとノーブルレッドの戦闘中に「スフォルツァンドの残響」が流れ、キャロルが無双っぷりを発揮していました。

楽曲感想

「スフォルツァンドの残響」は、壮大なシンフォニックサウンドの中をキャロル・マールス・ディーンハイム (CV:水瀬いのり)の美しい歌声が駆け抜けていく神曲です。

キャロルの3期でのキャラソンは強いイメージでしたが、5期のキャラソンは優しいイメージがあります。

「高くつくぞ オレの歌は」などのキャロルらしい歌詞も盛り込まれており、3期や5期での各シーンが脳内再生されますね!

なお、5期8話では「オレの歌は」の歌詞部分を力強く歌い、別撮りされた歌アフレコverが流れていましたね。

作詞作曲編曲者

作詞・作曲:上松範康(Elements Garden)
編曲:藤永龍太郎(Elements Garden)

「スフォルツァンドの残響」ピアノverが公開!

「スフォルツァンドの残響」ピアノverが、上松範康さんのツイッターにて公開されました!上松範康さんの作曲理念も伺えるツイート内容になっていますので、必見&必聴です!

「スフォルツァンド」の意味

曲タイトルに入っている言葉「スフォルツァンド」の意味については、作詞・作曲の上松範康さんから、以下のようなツイートがありました。

「スフォルツァンドの残響」歌詞の意味を考察!

思い出の残骸を焼却するスフォルツァンド

キャロルは思い出を焼却することで力に変えて戦うキャラですので、ここの歌詞では、まだ残っている思い出を焼却している様子が伺えます。

「スフォルツァンド」には「アクセントより遥かに強く表現せよ」という意味があることから、思い出を焼却する様子が強く大きいことも伺えます。

また、5期7話ではオートスコアラー4人が、マスターであるキャロルのために体を張ってくれましたので、そんな4人の想いをキャロルが歌い叫んでいるような印象も受けます。

世界を知れと言った かの日がまだ微笑む

キャロルパパがキャロルに対して言ったメッセージを連想する歌詞ですね。父親との思い出がキャロルの記憶にあることも伺えます。

高くつくぞ オレの歌は

キャロルというキャラがよくわかるような歌詞ですね!信念とプライドを持っているキャロルの性格や行動が連想されます。

それと同時に、5期8話にてキャロルが歌った後、主人格をエルフナインに渡した展開も連想されますね。

キャロルが歌ったことで、主人格を交代するという代償がありましたので、ある意味ではキャロルの歌が「高くついた」結果になっています。

「スフォルツァンドの残響」収録CD発売日

「スフォルツァンドの残響」は、2020年1月8日発売の『戦姫絶唱シンフォギアXV』BD&DVD第4巻BONUS CDに収録されていますッ!

■「スフォルツァンドの残響」収録CD発売日:2020年1月8日

Advertisement

「スフォルツァンドの残響」(歌:キャロル・マールス・ディーンハイム CV:水瀬いのり)を聴こう!

『戦姫絶唱シンフォギアXV(5期)』挿入歌「スフォルツァンドの残響」(歌:キャロル・マールス・ディーンハイム CV:水瀬いのり)より、歌詞の意味考察・収録CD発売日・スフォルツァンドの意味などについてご紹介いたしました。

「スフォルツァンドの残響」は、壮大なシンフォニックサウンド、美しい歌声、印象的な歌詞が盛り込まれた神曲ですので、是非何度も聴いてみて下さいね!

戦姫絶唱シンフォギアカテゴリの最新記事