さよなら私のクラマー3話感想!オフサイド、『スラムダンク』安西先生ネタも

さよなら私のクラマー3話感想!オフサイド、『スラムダンク』安西先生ネタも

テレビアニメ『さよなら私のクラマー』3話感想記事です。

アニメ3話の感想付きネタバレストーリー、練習試合後半戦での展開、オフサイド、『スラムダンク』安西先生ネタ、周防すみれと佃真央のやりとりなどを振り返ります!

さよなら私のクラマー3話ネタバレ感想・考察

地獄の門


テレビアニメ『さよなら私のクラマー』

テレビアニメ『さよなら私のクラマー』3話「地獄の門」では、蕨青南高校 VS 久乃木学園高校の練習試合が、ますます熱を増していく展開に!点数が開く一方で、蕨青南高校がボールをキープする時間も多くなっていました。

試合の流れを変えたのは、男子と一緒にサッカーをプレイしていた恩田希。鮫島監督との会話を思い出すシーンもありました。また、恩田希は曽志崎緑にボールをよこせと言い、今度は攻撃的になってどこまで通じるかなどと言っていました。

一人の選手が変わるだけで試合の流れも変わる展開、大量点差とは裏腹にワラビーズの心は燃えている描写などが印象的で、各シーンから目が離せませんでしたね。

後半戦

練習試合の後半戦は、パスをよこせと言われた曽志崎緑が 恩田希にパスをする展開、恩田希がフィジカルの強さを発揮するシーンなどが描かれていました。

恩田希は男子にフィジカルで負けていた過去がある一方で、3話では女子に勝っていました。基準を男子に合わせていただけあって、女子の中では優れていることが伺えました。

オフサイド

白鳥綾がオフサイドにかかる場面では、1話との対比が面白かったですね。1話では、ゴールを決めた後にオフサイドラインの上で生まれたなどと言っており、3話では そのオフサイドにかかっています。

FWがオフサイドラインのギリギリを攻めるメリットは、うまくいった場合に ほぼフリーでシュートまでいけることですね。相手のDFはオフサイドと思っていて、審判はオフサイドではないと判定した場合、特にFWがフリーになる時間が長くなります。

デメリットは、FWが早く出すぎてオフサイドにかかってしまうことが挙げられます。DFもFWをオフサイドに引っ掛けるために、わざとディフェンスラインを高くキープしたり、パスの直前でラインを上げたりしています。

3話で白鳥綾がオフサイドにかかったエピソードは、個人的にはオフサイドにまつわる記憶・経験が蘇った瞬間でした。サッカーは、ボールが動いているところ以外でもドラマがあり、ディフェンスラインでは FWとDFがオフサイドになるか否かで、激しい戦いを繰り広げています。

『さよなら私のクラマー』はギャグを織り交ぜつつ、所々でサッカーに関するネタが登場するところが良いですね。また、サッカーの魅力をコミカルに伝えているところも好感です。

『スラムダンク』安西先生

3話では、曽志崎緑が諦めたら試合終了などと言っており、『スラムダンク』安西先生の名言がオマージュネタとして登場していました。

むしろ堂々とパクリだと突っ込まれるシーンもあり、そのテンポ感とギャグ展開が良かったですね。

変化

曽志崎緑が周防すみれにパスし、佃真央がクリアする展開も3話で多く描かれていました。周防すみれがスプリントで負けていた理由は、戦略的敗退を目論んでおり、あえて油断させて公式戦で叩き潰す布石を打っていたからでした。

ところが、周防すみれは佃真央にイラついて、方針を変更していました。周防すみれは一旦 中に入るフェイントをかけて 外からボールに向かうなど、佃真央を圧倒する展開が面白かったですね。

ゴール

3話ラストは、恩田希が井藤春名たちに囲まれつつも、ゴールを決めていました。恩田希が華麗にターンし、ボールをキープする姿を見た井藤春名は、心を奪われていました。

久乃木学園高校から1点を奪ったワラビーズのメンバーはどうなるのか?ついに目覚めた恩田希はどんな活躍を見せていくのか?4話以降の展開に注目です!

さよなら私のクラマー3話ネタバレ感想・考察まとめ

テレビアニメ『さよなら私のクラマー』3話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

3話では、蕨青南高校 VS 久乃木学園高校の練習試合が後半戦になり、恩田希が試合の流れを変えて点を決めるシーンなどが描かれていました。

周防すみれと佃真央のやりとり、『スラムダンク』安西先生ネタ、各キャラの顔芸などもあり、熱い展開とギャグの織り交ぜ方も秀逸でしたね。ぜひ4話以降も視聴継続していきましょう!

©新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会

アニメ・漫画カテゴリの最新記事