ヒプマイアニメ監督は小野勝巳さん!代表作から“強み”を考察。期待が高まる理由とは?

ヒプマイアニメ監督は小野勝巳さん!代表作から“強み”を考察。期待が高まる理由とは?

アニメ『ヒプマイ』のアニメ監督は小野勝巳さんと発表されました!

そこで本稿では、アニメ『ヒプマイ』のアニメ監督・小野勝巳さんの代表作や特長を紹介し、その“強み”について考察していきます。

 

ヒプマイアニメ監督は小野勝巳さんに決定!

音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』(略称:ヒプマイ)。原作CD、コミカライズ漫画、アプリゲーム化、舞台化、TVアニメ化など、様々なメディアミックス展開で大きな話題を集めています。

このたび、TVアニメ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima(以下、アニメ『ヒプマイ』)のアニメ監督が、小野勝巳さんに決定しました!

アニメ監督・小野勝巳さんの代表作や特長はどのようになっているのでしょうか?また、その“強み”はどのように考察できるのでしょうか?以下より、詳しく見ていきましょう!

 

アニメ監督・小野勝巳さんの代表作や特長は?

アニメ『ヒプマイ』のアニメ監督・小野勝巳さんの代表作として、『働きマン』『遊☆戯☆王5D’s』『遊☆戯☆王ARC-V』『戦姫絶唱シンフォギアG~XV(2期~5期)』『ガーリー・エアフォース』などがあります。

小野勝巳さんがアニメ監督を務めるアニメの特長として、何かに抗って生きている登場人物が存在すること、熱いバトルシーンがあること、肉体的・精神的問わず 広い意味で何かと戦っている描写があること、主題歌とストーリー内容がリンクしていること、音楽・主題歌が良質であること などが挙げられます。

アニメ監督・小野勝巳さんの代表作から“強み”を考察。アニメ『ヒプマイ』に期待が高まる理由とは?

アニメ『ヒプマイ』は2020年放送ですので、近い年である2019年に、小野勝巳さんがアニメ監督を担当された『ガーリー・エアフォース』『戦姫絶唱シンフォギアXV(以下、シンフォギア)』とのリンクについて簡単に触れた後、アニメ監督・小野勝巳さんの“強み”を考察していきます。

ヒプノシスマイクとガーリー・エアフォースを比較


>>アニメ『ガーリー・エアフォース』

『ガーリー・エアフォース』には、戦闘機を動かすために、アニマという人型装置のような少女がいます。アニマの感覚器と戦闘機が接続されると、アニマがコアのような役割を果たして戦闘機が動いていきます。精神上で登場人物同士が会話するシーンもあります。

『ヒプノシスマイク』には、人の精神に干渉する展開がありますので、どこか両作品はリンクするものを感じます。

さらに、TVアニメ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Animaというアニメタイトルには「Anima(アニマ)」という文字が入っていますので、『ガーリー・エアフォース』のアニマを連想します。ちなみにAnimaは生命・魂という意味です。

そうすると、小野勝巳監督は「精神に干渉する」という視点や設定について、すでにアニメ作品で触れたことがある分野ということになります。

これは、アニメ『ヒプマイ』に期待が高まる要素の一つであり、アニメ監督・小野勝巳さんの“強み”だと考察できるのではないでしょうか。

ヒプノシスマイクとシンフォギアを比較


>>アニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』

『シンフォギア』は、少女たちが歌いながら戦い、音楽とストーリー内容がリンクしているアニメです。運命に抗って生きている登場人物たちの描写や、主人公が武器ではなく言葉の力で何とかしようとする描写などが胸に響きます。熱いバトルシーンも必見。

『ヒプノシスマイク』は、ラップバトルを展開し、兵器ではなく言葉が力を持つ世界観。そして、解禁されたアニメ主題歌には「抗い続けるぜ」という歌詞も登場しますので、どこか両作品はリンクするものを感じます。

そうすると、小野勝巳監督は「音楽とストーリー内容がリンクしている」「言葉の力」「何かに抗っている」などの視点や設定について、すでにアニメ作品で触れたことがある分野ということになります。

一度触れたことがある視点や設定というのは、どんどんブラッシュアップされて強みになっていくもの…!こちらもやはりアニメ『ヒプマイ』に期待が高まる要素の一つであり、アニメ監督・小野勝巳さんの“強み”だと考察できるのではないでしょうか。

Advertisement

ヒプノシスマイクアニメ監督まとめ

アニメ『ヒプマイ』より、アニメ監督・小野勝巳さんの代表作や特長を紹介し、その”強み”について考察いたしました。

アニメ『ヒプマイ』は、『ヒプノシスマイク』という魅力的なコンテンツを、小野勝巳さんが監督を担当することによって、より期待が高まる作品となっています。

『ヒプノシスマイク』が持つ高いポテンシャルと、小野監督が持つ高いポテンシャルが融合することで、どのような傑作が誕生するのでしょうか。2020年7月の放送が楽しみですね。

以上、アニメ『ヒプマイ』より、アニメ監督情報についてでした!

ヒプノシスマイク(ヒプマイ)カテゴリの最新記事