ラブライブスーパースター11話感想!葉月恋、手を繋ぐシーン考察も

ラブライブスーパースター11話感想!葉月恋、手を繋ぐシーン考察も

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』11話感想・考察記事です。

アニメ11話の感想付きネタバレストーリー、 葉月恋のかわいいシーン、澁谷かのんが独唱する場面、Liella!の5人が手を繋ぐ展開などを振り返りつつ、各シーンの考察もお届けしています。

ラブライブスーパースター11話ネタバレ感想・考察

葉月恋がかわいい


アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』配信中!

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』11話「もう一度、あの場所で」の冒頭では、Liella!の皆が「Love Live!」地区予選の結果を確認し、無事に通過していました。パソコンが一度固まって、引きを作るところも良かったですね。

そして、葉月恋が「禁断のセカイ」と書かれたものをクリックする場面もありました。イラストを見る限りでは、宝塚の男役&女役が恋愛関係になっていく禁断の恋といった印象でしたね。葉月”恋”の名前から、恋愛に関するエピソードを盛り込んでいたとも考察できそうです。

クリック後の葉月恋は、顔を真っ赤にしていましたので、かわいいシーンでした!お堅い生徒会長として登場した頃に比べると、だいぶイメージが変わってきました。どんどん女の子らしい一面が出ていて、葉月恋を好きになるエピソードが増えていますので、これからも注目していきたいですね。

青山南小学校・たこやき

11話では、澁谷かのん&嵐千砂都の母校である青山南小学校から、歌の依頼がある展開も描かれていました。

それから下見に行き、澁谷かのんがステージで緊張していたため、皆が手を繋いで歌っています。5人の絆を感じることができる尊いシーンでしたね。

餅入りたこやきが5つ繋がる描写などもあり、5人の強固な関係性を比喩的に表現していたところがグッときました!

独唱

嵐千砂都の提案で、澁谷かのんが1人で歌うことになる展開も11話で描かれていました。澁谷かのんは皆がいるから安心でき、1人じゃないと思えるから歌える状況だと言えますので、嵐千砂都は澁谷かのんを成長させるために提案していた印象です。

他には、大会の課題が独唱と発表されたこともあり、1人でも大丈夫だと自信をつけてほしい想いもあったと考察できそうです。

そして、嵐千砂都が何かあったら連絡してと伝える際には、唐可可が24時間体制で待っていると言っていました。24時間いつでも動けることを自分で漏らしていたとも言えますので、予定が無いとバレそうな雰囲気にはヒヤヒヤしました…!

もっとも、予定があっても緊急時には優先するデス!と唐可可は考えている、と解釈できるようになっていた印象です。

手を繋ぐシーン

11話では、澁谷かのんが歌を披露する会場に、皆がこっそり来ている展開もありました。澁谷かのんが1人で無事に歌い終えた際には、全ての経緯を話すつもりだったとも言えますね。

その後、澁谷かのんが1人でやり遂げる大切さに気付き、挿入歌「私のSymphony ~澁谷かのんver.~」を歌っています。11話で使用された挿入歌は、その状況に合った歌詞がエモかったですね…。

澁谷かのんが歌い終えると、皆がステージに駆け寄り、5人で手を繋いでいました。下見でも手を繋ぐシーンがありましたので、2つ用意するところが良いですね。

下見では 1人じゃないと思えるから歌える点にフォーカスしていて、本番では 歌うのは1人でも心は繋がっていると思わせる雰囲気がありました。同じ手を繋ぐシーンでも実質的な中身は違い、成長を感じるところもグッときました!

ラブライブスーパースター11話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』11話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

11話では、澁谷かのんが母校の小学校で独唱するシーンが描かれ、皆が手を繋ぐ展開も盛り込まれていました。

今回は澁谷かのんが独唱を成功させ、成長を感じるストーリーにグッときました!手を繋ぐ描写、挿入歌の歌詞内容もエモかったですね…!12話/最終回も要チェックです!

©2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!

ラブライブ!カテゴリの最新記事