ラブライブスーパースター10話感想!ラップ曲、クゥクゥ×すみれ考察も

ラブライブスーパースター10話感想!ラップ曲、クゥクゥ×すみれ考察も

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』10話感想・考察記事です。

アニメ10話の感想付きネタバレストーリー、ラップ曲の課題を出される場面、唐可可と平安名すみれがお互いに名前で呼び合っていく展開など返りつつ、各シーンの考察もお届けしています。

ラブライブスーパースター10話ネタバレ感想・考察

ラップ


アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』配信中!

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』10話「チェケラッ!!」では、Liella!の皆が「Love Live!」地区予選説明会に参加し、曲にラップを盛り込む課題を出されていました。説明会では、シブヤレポーター(声優:高森奈津美)がラップを披露するシーンが面白かったです!

そして、平安名すみれをセンターにする話が出て、本人は抵抗を感じています。本当は嬉しいにもかかわらず、今まで脇役ばかりだった過去があることから、卑屈っぽくなっている様子でした。

その後、平安名すみれが自主的に練習しているシーンになり、すみれの妹(声優:和多田美咲)も登場。妹はご飯ができたと伝えていましたが、平安名すみれはランニングに向かっています。今はご飯よりも練習だと判断し、意気込んでいるところが良かったですね。

ここでは、唐可可が平安名すみれの練習を見ていました。センターに相応しいのかを自分の目で見極めていたと考察できそうですね。

センター

10話では、唐可可が平安名すみれ用の衣装を作ってくる場面もありました。とっとと着るデスと言うシーンでは、セリフの言い回しが「着やがれ」ではない点が印象に残りました。

これまでの唐可可なら「着やがれ」と言ってもおかしくありませんが、そうではありませんでした。これは平安名すみれの実力を認め、センターに相応しいと思っていることがセリフに表れていたと考察できそうです。

その後、学校の皆がセンターは他の人が良いと思っていることが明かされています。これを知った平安名すみれはセンターを辞退すると言い出し、唐可可が反対していました。最初にセンターに反対する場面があり、ここではセンター辞退に反対(センターに賛成)だと言っていく2段構成がグッときました!

唐可可は平安名すみれをグソクムシのネタでイジり、何かとディスってきましたが、10話ではセンターをやるべきだと認めていく流れが尊かったです!

クゥクゥ×すみれ

唐可可の電話を平安名すみれが聞いてしまうシーンも10話内にありました。唐可可は結果が出なかったら母国に帰ることになっている様子でした。

これを知った平安名すみれはセンター辞退を再度申し出ています。あの平安名すみれが唐可可のために折れる決断をして、仲間想いの一面を見せていましたのでエモすぎました!

そして、唐可可が平安名すみれにティアラを渡そうとするシーンでは、風でティアラが飛んでいき、平安名すみれがキャッチしていました。センターが決まる過程に、風の演出を取り入れているところが良いですね。

それからLiella!による挿入歌「ノンフィクション!!」が流れ、平安名すみれがセンターを務めていました。平安名すみれは華やかなブロンドの巻き髪、いつもよりゴージャスな見た目が魅力的でした!『ラブライブ!』シリーズらしさを感じるラップ、キレイな歌声も最高でしたね。

唐可可と平安名すみれについては、お互いに「すみれ」「クゥクゥ」と初めて名前で呼ぶシーンもあり、絆が生まれている雰囲気もグッときました!

ラブライブスーパースター10話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』10話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

10話では、平安名すみれがセンターに決まる過程が描かれ、唐可可との尊いシーンが多数盛り込まれていました。言い合いをしていた2人がお互いを認めていく雰囲気が良かったですね。ぜひ11話以降も視聴継続していきましょう!

©2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!

ラブライブ!カテゴリの最新記事