ラブライブスーパースター4話感想!神社&グソクムシの歌、ギャラクシーの意味も

ラブライブスーパースター4話感想!神社&グソクムシの歌、ギャラクシーの意味も

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』4話感想・考察記事です。

アニメ4話の感想付きネタバレストーリー、平安名すみれが神社でグソクムシの歌を歌うシーン、自分の過去を明かす場面などを振り返りつつ、ギャラクシーの意味もお届けしています。

ラブライブスーパースター4話ネタバレ感想・考察

ギャラクシーの意味


アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』配信中!

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』4話「街角ギャラクシー☆彡」の冒頭では、平安名すみれが脇役の着ぐるみを着ていました。その後、街でUFOキャッチャーをしているとスカウトに声を掛けられています。

スカウトの女性は突然の大声になり、いかにも有名人の輝く原石を見つけた雰囲気でしたが、実際は通行人役にぴったりと言っていました。前振りとのギャップが面白く、笑えるシーンになっていましたね。

そして、平安名すみれが口癖でもある「ギャラクシー」と言ってリアクションをしています。ギャラクシーの意味は銀河・星雲・小宇宙などになりますが、この場面では もっとカジュアルに「マジかよ」ぐらいのニュアンスで使っていましたね。

ギャラクシーは『ラブライブ!スーパースター!!』のスター(星)とも関連を持たせたセリフで、4話内では銀河の広がりを連想できる希望的な意味で使用する場面もありました。

アマチュア・プロ

4話では、フェスで新人特別賞を受賞したことが高く評価され、スクールアイドル同好会として活動が認められる展開も描かれていました。部室に加えて、練習場所として屋上の使用も認められています。

また、平安名すみれがスクールアイドルを調べて、要するにアマチュアと解釈するシーンもありました。脇役とはいえ プロの芸能界を知っている平安名すみれとしては、そういった物差しで見てしまうのも無理もありませんね…。

実際は活動する舞台・場所などが違うだけで、一概にアマチュア・プロの基準で分けることはできない性質だと思います。今後は平安名すみれがそこに気づき、スクールアイドルだけでしか経験できない素晴らしさも感じていくストーリーが予想されますね。

その後、平安名すみれが澁谷かのんたちに話し掛け、ショービジネスの世界にいた過去などを話しています。脇役だったことは話していませんでしたが、そのプライドの高さは平安名すみれらしいとも言えます。つい見栄を張ってしまうのは人間らしい行動であり、嘘は付いていないところも良かったですね。

センター選挙

センター選挙の投票で澁谷かのんが選ばれるシーンも4話内にありました。その後、センターおめでとうと書かれたプラカードを唐可可が持っていましたが、その尊み溢れるかわいい姿に悶絶でした!

センターについては、平安名すみれは実力者が選ばれるものであり、唐可可はカリスマ性などもあると主張していました。センターは必ずしも一番の実力者とは限らないイメージもありますね。あえて控えめの子をセンターにしたり、全体のバランスで選んだりと様々な形態がある印象です。


アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』Blu-ray1巻2021年9月28日発売!

神社・グソクムシの歌

4話では、平安名すみれが実家の神社で、自分が演じたグソクムシの動画を見ている場面もありました。そこへ澁谷かのんが現れ、その動画を見てしまう流れになっています。

黒歴史を見られた平安名すみれは怖い表情になり、髪がまるでグソクムシの脚のように広がっていた姿がコミカルでした。その後、平安名すみれが巫女姿でグソクムシ~♪グソクムシ~♪と歌うシーンもあり、笑える要素が満載でしたね。メロディーは『ゲゲゲの鬼太郎』の歌に少し似てる印象も受けました。

それから平安名すみれが過去を明かし、脇役ばかりだったこと、スクールアイドルはアマチュアだから何とかなると思ったことなどを語っています。

屋上に来やがれデス

平安名すみれがアマチュアと言ったことを知った唐可可が、スクールアイドルに対する侮辱だと怒るシーンも4話で描かれていました。

また、本人に対して 屋上に来やがれデスと言って呼び出すセリフもあり、古典的なヤンキー漫画のような呼び出し方が面白かったですね。語尾にデスがついていた点は『戦姫絶唱シンフォギア』暁切歌を連想してしまいました。

屋上では、平安名すみれがセンターで輝くことができないことやスクールアイドルがアマチュアな点を語っていました。唐可可はアマチュアじゃないと言い返していた姿は、スクールアイドルへの想いの強さが伺えましたね。

スカウト

4話では、澁谷かのんが平安名すみれに名刺を渡して、スカウト風に声を掛けるシーンもありました。センターが欲しいなら奪いに来てと語るセリフなどは、平安名すみれに刺さるような言い回しがグッときました。

タイミング良く雨が降り止む場面もあり、明るい未来に繋がっていく雰囲気が良かったですね。4話の最後は平安名すみれが練習に参加し、「ギャラクシー」と言っているところで終わりとなっていました。平安名すみれが加入したスクールアイドル同好会の今後に注目です!

ラブライブスーパースター4話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』4話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

4話では、平安名すみれが実家の神社で グソクムシの歌を歌うシーン、自分の過去を語る展開などが描かれていました。また、平安名すみれがスクールアイドルを始めていくエピソードも盛り込まれています。

唐可可が屋上に来やがれデスと言い、澁谷かのんが平安名すみれに刺さるような形で声を掛けていたシーンも印象に残りました。平安名すみれが加入した同好会の今後に注目しつつ、ぜひ5話以降も視聴継続していきましょう!

©2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!

ラブライブ!カテゴリの最新記事