ラブライブスーパースター5話感想!タンクゥクゥ、指相撲、退学届考察も

ラブライブスーパースター5話感想!タンクゥクゥ、指相撲、退学届考察も

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』5話感想・考察記事です。

アニメ5話の感想付きネタバレストーリー、唐可可(タンクゥクゥ)のセリフ、サニパの柊摩央&聖澤悠奈が登場するシーン、指相撲の場面などを振り返りつつ、嵐千砂都の退学届についての考察もお届けしています。

ラブライブスーパースター5話ネタバレ感想・考察

ラブライブは国民的行事


アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』配信中!

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』5話「パッションアイランド」の冒頭では、嵐千砂都がダンス大会の話をされていました。学校の代表ということで、嵐千砂都はダンスの実力者であることが伺えます。

スクールアイドル同好会の皆が話すシーンでは、平安名すみれがラブライブをアマチュアだと言ったため、唐可可がスクールアイドルにとってラブライブは国民的行事だと言っています。国民的行事というセリフがパワーワードすぎて思わず反応してしまいましたが、それだけ唐可可が大切にしていることが伝わりましたね。

その後、平安名すみれがショービジネスの世界で生きてきたと言う場面では、唐可可がグソクムシのネタでイジっていました。平安名すみれがお高く留まっているオーラを出した際に唐可可がイジる展開は、5話内で多数描かれており、そんな2人の雰囲気が尊かったです!

クゥクゥ&クー

5話では、唐可可が暑さを感じ、縦から横の90度に倒れる描写もありました。唐可可(タンクゥクゥ)の名前から、「9(クゥ)」が連想されますので、90度と掛けていた印象です。

また、澁谷かのんの家では唐可可が「クーラー」、かき氷を食べた後に「クー」、サニパが入って来たときに「クールダウン」、別シーンの寝ているときに「クークー」と言っていました。さすがにこれだけの「クー」があると、クゥクゥの名前に掛けていると考察できますね。

サニパ&唐可可

サニパの柊摩央(声優:結木ゆな)&聖澤悠奈(声優:吉武千颯)が澁谷かのん宅に現れ、唐可可が興奮する展開も5話内にありました。唐可可はサニパに憧れて中国から日本に来た大ファンですので、興奮するのも理解できますね。

好きな有名人などが自分の住んでいるエリアに現れ、普通に話し掛けてきたと思えば、どれだけ奇跡的な状況かが想像できます。

そして、サニパは故郷の島で開催されるライブに、澁谷かのんたちを誘いに来ていました。それから神社に移動してサニパが躍るシーンでは、唐可可が額縁に入れた巨大ポスターを持った上でペンライトも振っています。

そうすると、唐可可は家に飾っていた巨大ポスターを神社まで持ってきたということになりますね。憧れのスクールアイドルが目の前でダンスをしている光景に感激する姿もかわいい印象もありました。

さらに、サニパがランニングを始めていく場面では、唐可可が巨大ポスターを担ぎながら「行くデス~!」と言いながら追いかけていましたので、その姿が可愛すぎました!


アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』Blu-ray1巻2021年9月28日発売!

サニパ&嵐千砂都

5話では、サニパの2人が嵐千砂都と話すシーンもありました。サニパは澁谷かのん達は自分達で動いている感じがしないことなどを語っています。

嵐千砂都は澁谷かのん達を応援するために、ダンスの練習メニューを考えていましたが、これが逆に自主性を阻害することになっていると考察できますね…。

そして、嵐千砂都が皆と別行動をとることにしていましたが、これは澁谷かのん達の自主性に任せる意味と、嵐千砂都がダンス大会に向けて集中する意味があると解釈できそうです。

平安名すみれ&唐可可・指相撲

サニパの故郷である島に着き、唐可可がサニパの2人に手土産を渡す展開も5話内にありました。その後ろで、平安名すみれがキャリーバッグを必死に引っ張っている描写がコミカルでしたので、むしろ平安名すみれの方に思わず注目してしまう場面でした。

平安名すみれはサングラスに女優帽の見た目も個性的で、ギャラクシーの口癖なども相まって、かわいい魅力が炸裂していた印象がありますね。女優帽については、一旦飛んでいった後、頭に戻ってくる展開も面白かったです! 

それから水着シーンや温泉シーンがあり、平安名すみれ&唐可可が部屋のベッドをめぐって勝負する展開も描かれています。指相撲が得意な唐可可は意気込んでいましたが、平安名すみれがほっぺに「ふ~」と息を吹きかけたため、唐可可は「やぁ~ん」のような声を出していました。

そして、唐可可が油断している隙に、平安名すみれは指を抑えて勝っています。平安名すみれは、これがショービジネスの世界だとして、油断した方が負けだと言っていましたが、何かとショービジネスに繋げがちなところがかわいいですね。

油断については、広い意味でトラブル・不測の事態に備えるべきといったメッセージもあったのかもしれません。

作詞・子供時代

5話では、澁谷かのんが作詞をするにあたり、うまく歌詞のフレーズが思い浮かばないと悩む描写もありました。歌詞の方向性は、皆と嵐千砂都のことを書きたいと思っているようでした。

そして、子供の頃に 嵐千砂都は澁谷かのんが出来ないことを出来るようになりたいと語っていたことも明らかに。それがダンスだったというわけですね。また、澁谷かのんは嵐千砂都がいたからこそ、歌を頑張って来れたと語っています。

そうすると、今後完成する歌詞には、幼少期から高校までのこと、嵐千砂都がいたからこそ澁谷かのんが頑張れることなどが盛り込まれそうな予感です。次回6話あたりの挿入歌で、澁谷かのんが作詞した新曲が流れるかもしれませんね。

退学届

5話ラストは、嵐千砂都のダンス練習シーンが描かれ、バッグには退学届が入っていました。嵐千砂都は自分が近くにいたら皆の自主性を阻害すると考え、応援したいからこそ離れると考えている気もします。

同時に、ダンスに集中するためにも退学を決意したと考察できます。嵐千砂都はどうなってしまうのか?6話以降の展開に注目です!

ラブライブスーパースター5話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』5話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

5話では、唐可可がラブライブは国民的行事だと語り、グソクムシのネタで平安名すみれをイジる展開などが描かれていました。言い合いをする場面や指相撲シーンなども尊かったです!

また、唐可可がサニパのオタクモードを発動させるシーン、澁谷かのん&嵐千砂都の子供時代、澁谷かのんが作詞に悩む展開、嵐千砂都のバッグから退学届が見える描写なども盛り込まれていました。

かわいいシーンと真面目なシーンの配分も絶妙で、5話も見どころが満載でした!澁谷かのん作詞曲や嵐千砂都の退学など気になる点もありますので、ぜひ6話以降も視聴継続していきましょう!

©2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!

ラブライブ!カテゴリの最新記事