『魔王学院の不適合者』2期はいつから?原作小説のどこまで?【続編内容考察】

『魔王学院の不適合者』2期はいつから?原作小説のどこまで?【続編内容考察】

アニメ『魔王学院の不適合者』2期はいつから?内容は原作小説のどこまで?という点について考察しています。

アニメ『魔王学院の不適合者』2期・続編の放送日&放送範囲を、原作小説のリリース状況やストーリー内容などにも触れながら考察していきます。

『魔王学院の不適合者』2期はいつから?続編放送日を考察


>>アニメ『魔王学院の不適合者』

小説家になろう発の人気小説を原作とする、アニメ『魔王学院の不適合者』は、1期が2020年夏アニメとして放送されています。

『魔王学院の不適合者』の原作小説は、小説家になろうではアニメ4期から5期分くらいのストーリーが既に展開されています。また、単行本は7巻まで発売されていますので、アニメ2期の放送範囲は十分にカバーしていると言えます。

そうすると、Blu-rayの予約売上状況によっては、アニメ1期放送終了後 すぐに2期決定が発表される可能性があります。

その場合、アニメ『魔王学院の不適合者』2期・続編の放送日は、早くて2021年から2022年くらいに放送される予感がしています。これはあくまでも予想です。ファンとしては、2期決定の発表が待ち遠しいですね!

【NEW】アニメ1期放送終了!すぐに2期決定は発表されませんでしたが、アノス様から素敵なコメントが届いています!

■詳細
>>2期フラグ?『魔王学院の不適合者』最終回(13話)放送後、アノス様のコメントが公開!BD1巻9/30発売!

『魔王学院の不適合者』2期の内容は原作小説のどこまで?

『魔王学院の不適合者』アニメ1期は、原作小説の1巻(1章 魔王学院編)・2巻(2章 魔剣大会編)・3巻(3章 勇者学院編)までの内容が描かれています。

そうすると、アニメ2期の内容は原作小説の4巻(4章 大精霊編)からスタートし、5巻(5章 選定審判編)・6巻(6章 神竜の国ジオルダル編)あたりまでが 放送範囲と考えることができます。

なお、原作小説の4巻は「上」「下」に分かれています。4章 大精霊編は、ミサの正体、本当の意味でのアヴォス・ディルヘヴィアの正体、ミサの両親、レイとミサの関係、アノスとミサの関係などが描かれており、重要かつ壮大なストーリーが展開されています。原作ファンからも人気のエピソードで、とても面白い内容となっています。

そう考えると、4章 大精霊編は アニメでも相応の話数が展開されそうな予感がします。ファンとしては、4章の内容をアニメ2期全話にわたって映像化して欲しい気持ちもありますね。

実際の放送範囲は、アニメ1期の展開から考察すると、おそらく5章の内容まで進みそうな気がします。4章のボリュームを踏まえると、6章まで進む可能性は低いと考えることもできますが、6章まで進む可能性もあるかもしれません。

『魔王学院の不適合者』2期・続編放送日&放送範囲考察まとめ

アニメ『魔王学院の不適合者』2期はいつから?内容は原作小説のどこまで?という点について考察いたしました。

アニメ『魔王学院の不適合者』2期は、原作小説の4巻から6巻くらいまでが放送範囲と考えることができそうです。アニメ1期の続編ストーリーが気になる方は、ぜひ原作小説をチェックしてくださいね!

また、Blu-rayの売上状況は アニメの続編映像化に大きな影響がありますので、お近くの専門店やネットショップなどで是非予約しておきましょう!

以上、アニメ『魔王学院の不適合者』2期・続編についての考察でした!

魔王学院の不適合者カテゴリの最新記事