RE-MAIN(リメイン)6話感想!清水明日海と吹奏楽、牛窓善晴の過去、横井亮考察も

RE-MAIN(リメイン)6話感想!清水明日海と吹奏楽、牛窓善晴の過去、横井亮考察も

アニメ『RE-MAIN(リメイン)』6話感想・考察記事です。

アニメ6話の感想付きネタバレストーリー、清水明日海と吹奏楽、牛窓善晴の過去・入部動機、顧問・三田村修平の登場シーンを振り返りつつ、横井亮の心情などを考察しています。

RE-MAIN(リメイン)6話ネタバレ感想・考察

清水明日海・吹奏楽


アニメ『RE-MAIN』配信中!

アニメ『RE-MAIN(リメイン)』6話「はい、こっち向いて」の冒頭では、清水みなとの妹・明日海が木琴を叩くシーンが描かれていました。真面目に練習する姿、短めの髪を三つ編みツインテールにまとめている可愛い髪型、グレーの制服に白色のカーディガンを羽織っている制服などが魅力的でした!

そして、福島県立磐城高等学校 吹奏楽部が音源提供している楽器音もグッときました。吹奏楽で全国大会常連の有名校が音源提供している点も熱いですね。

合宿・カミングアウト

6話では、水球部が県大会に向けて学校で合宿する展開も描かれていました。清水みなとから江尻武一&網浜秀吾にボールを回す作戦などを練習している様子でしたね。清水みなとは練習シーンをスマホで撮影し、研究する意向も示しています。

その後、カミングアウトの場面になり、城島譲が江尻武一を「ブー」と心の中で呼んでいることが明かされています。「武一」の部分から「ブー」になっているみたいでしたが、城島譲は相変わらず名前ネタが面白いですね!

網浜秀吾は親が離婚しており、父が婿養子だったことも明かしています。兄・百崎陸と苗字が違うことから、家庭環境が気になっていましたので、その説明があってスッキリしました。


アニメ『RE-MAIN』Blu-ray1巻2021年10月27日発売!

牛窓善晴の過去・入部動機

牛窓善晴にボールが当たり、顧問・三田村修平(声優:大水洋介)が登場するシーンも6話で描かれていました。痛くなくなったら痛くないと思うから~などと言っているセリフが笑えましたね。アニメ『RE-MAIN』はこういった小ネタが満載なところも魅力的です!

そして、牛窓善晴は朝にランニングしており、少しでも体力をつけたかったと語る場面もありました。自分が嫌になりながらも、実力差を努力で埋めようとするところが推せますね。

それから牛窓善晴は中学の頃、友達がいなかったことを語り、水球部に入ったのはクラスメイト・横井亮(声優:吉田健悟)の影響だと明かしています。

具体的には、城島譲のビラを見た横井亮が 冗談で入部するように言っており、牛窓善晴は中学みたいに友達ができないことを避けるために入部していました。

そういうのは友達と呼べるのか疑問ですが、牛窓善晴としては少しでも頑張ろうとしていたと言えますので、変わろうとする心が推せます。

横井亮の心情

6話での横井亮については、最初にプールで「あいつ…」と言っているシーンがあり、牛窓善晴のことを何か知っている様子が意味深でした。その後、水球部に冗談で入るように言っていたことが判明しています。

そうすると、横井亮の心情は「あいつ俺の冗談を聞いて 本当に水球部に入ったのか…」などと思っていたのかもしれませんね。心のどこかで申し訳無さを感じていたとも考察できます。

そして、横井亮は無理してやってるなら辞めても良いと語り、牛窓善晴は好きでやっているから辞めないと言うシーンもありました。動機は不純でも、今では水球を始めて良かったと思えている点は、他キャラとの共通性も伺えました。

練習

牛窓善晴に合わせた練習計画を 網浜秀吾がぶちまける展開も6話内にありました。

皆は牛窓善晴を気遣って作戦を考えていましたので、その思いやりが推せますね。ところが、実際はレベルを落としていることになりますので、牛窓善晴の実力アップに繋がらない可能性もあります。そういった意味では、網浜秀吾は理論的で正しいことを言っていたという見方もできますね。

その後、声を出したら飛距離が出るということで、牛窓善晴が声を出しながらボールを投げるシーンなどが描かれています。城島譲は「牛窓シャウト」などと言っていて、またしても名前ネタが面白かったです!

それから清水みなとは「よっしゃー」を「うっしゃー」、「よーし」を「うーし」と言っていました。これは、牛窓善晴の「牛」に合わせたセリフだと考察できますね。

6話は口数の少ない牛窓善晴がたくさん喋ってくれた回であり、心のモヤモヤを吹っ切って前向きに動き出した回でした。辛い過去を明かして、皆との絆が深まる雰囲気もグッときました!牛窓善晴の成長を見守りつつ、今後の活躍にも注目していきたいですね。

RE-MAIN(リメイン)6話ネタバレ感想・考察まとめ

アニメ『RE-MAIN(リメイン)』6話のネタバレ感想・考察をお届けしました。

6話では、清水明日海が演奏するシーン、牛窓善晴が過去・入部動機を語る場面などが描かれていました。また、顧問・三田村修平、クラスメイト・横井亮なども登場しています。

前向きに動き出した牛窓善晴、県大会に向けて頑張る水球部メンバーが今後どのような姿を見せてくれるのか?『RE-MAIN』は見どころ満載の面白いアニメですので、ぜひ7話以降も視聴継続していきましょう!

©RE-MAIN Project

アニメ・漫画カテゴリの最新記事