寄宿学校のジュリエット91話ネタバレ感想!ハーフを打ち明けた勇気に拍手!

寄宿学校のジュリエット91話ネタバレ感想!ハーフを打ち明けた勇気に拍手!

『寄宿学校のジュリエット』91話のネタバレ感想記事です。

91話のネタバレストーリーや、91話の感想についてまとめています。

それでは、早速見ていきましょう!

はじめに

本稿は『寄宿学校のジュリエット』91話ネタバレ感想記事ですが、「正確には66話(91幕)」です。これは別マガ時代は「○幕」、週マガに移行してからは「○話(○幕)」としてストーリーが進んでいることから来ています。

本稿では、便宜上、91番目の話数ということで「91話」として記述していますので、ご了承いただけますと幸いです。

それでは、91話のネタバレストーリーから見ていきましょう!

『寄宿学校のジュリエット』91話ネタバレストーリー

91話冒頭では、玲音が協力してくれた生徒から因縁を付けられています。玲音が生意気な態度を取ったということで、その生徒は「学園にてめぇの居場所なんてどこにもねぇぞ?」と言います。

これに対して玲音は「最初から居場所なんてどこにもないんだよ」と寂しげに答えます。

ここへ露壬雄がやってきて、居場所なら執務室にあると言って玲音を助けています。露壬雄は玲音を監督生にしたいようですね。

その後、監督生補欠選挙が開かれ、玲音は自分が東和とウエストのハーフだということを全校生徒に対して打ち明けます。

玲音は、自分のような人も幸せになれるような未来を作りたいと泣きながら言います。そして全校生徒が拍手を贈り、玲音が監督生になったシーンで91話は終わりとなります。

『寄宿学校のジュリエット』91話感想

露壬雄が玲音を助けに来ましたね!前回90話の終わり方を見ていると、そんな予感がしていましたが、やはり露壬雄が助けに来ていますね。

露壬雄は、玲音も含めたみんなが幸せになれる学園を作りたいようです。露壬雄は心の広い人間ですね。最近の露壬雄は、器の広さやイケメンすぎるシーンが際立っています。

また、玲音がハーフだと打ち明けたシーンも91話の見どころですね!自分のコンプレックスを打ち明けるのは勇気のいることだったと思いますが、玲音は正直に話していました。

全校生徒は玲音に拍手を贈っていましたが、筆者も玲音に拍手を贈りたいと思います!よく言ったぞ玲音!

今後は、玲音も加わった新監督生たちが、どのように学園を変えていくのかが気になるところですね!

まとめ 次回も楽しみ!

『寄宿学校のジュリエット』91話のネタバレストーリーや、91話の感想をご紹介してきました。

91話は玲音がハーフだと打ち明けて監督生になった回でしたが、次回92話の展開も気になるところです。

次回も楽しみですね!以上、『寄宿学校のジュリエット』91話についてでした!

■『寄宿学校のジュリエット』91話は、週刊少年マガジン2019年10号に収録!
『寄宿学校のジュリエット』91話は、週刊少年マガジン2019年10号で読むことができます。

■『寄宿学校のジュリエット』91話で活躍した玲音が表紙!原作漫画10巻発売中!

>>寄宿学校のジュリエット10巻

■Amazonの電子書籍読み放題サービスもおすすめ!
Amazonの電子書籍読み放題サービス(Kindle Unlimited)は、漫画や雑誌が読み放題!お好きな端末で、どこでも好きなときに好きなだけ読める!詳細は公式サイトをチェック!
>>Amazonの電子書籍読み放題サービス(Kindle Unlimited)

寄宿学校のジュリエットカテゴリの最新記事