シンフォギア「Xtreme Vibes」歌詞の意味考察・パート・読み方など一挙まとめ!

シンフォギア「Xtreme Vibes」歌詞の意味考察・パート・読み方など一挙まとめ!

TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』劇中歌「Xtreme Vibes」より、歌詞パート・歌詞の意味考察・曲タイトルの意味考察・読み方・作詞作曲編曲者情報などについてご紹介していますッ!

「Xtreme Vibes」が神曲!

youtube試聴動画

「Xtreme Vibes」の試聴動画が公開!【NEW】

TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』13話(最終回) 劇中歌

「Xtreme Vibes」は、TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』13話(最終回)の劇中歌としてアニメ内で流れた曲です。歌唱するのは、以下の7名!

歌:立花響×風鳴翼×雪音クリス×マリア・カデンツァヴナ・イヴ×月読調×暁切歌×小日向未来(CV:悠木碧×水樹奈々×高垣彩陽×日笠陽子×南條愛乃×茅野愛衣×井口裕香)

なお、5期最終回では、歴代のキャラが登場して装者が絶唱していくシーンで「Xtreme Vibes」が流れていましたので、涙腺崩壊必至でしたね!

翼は奏と八紘の前で甘えたような表情をしていましたので、翼が1期の頃に奏の前で見せていた表情などが脳内再生され、涙が止まりませんでした…。

楽曲内容

「Xtreme Vibes」の楽曲内容は、優しく美しい旋律と儚い歌詞に感動し、涙が止まらないような曲になっています…!

聴いていると、1期1話から5期最終話までの出来事が走馬灯のように脳内再生されてきますッ!

「Xtreme Vibes」の読み方は エクストリーム バイブス

「Xtreme Vibes」の読み方は、「エクストリーム バイブス(バイヴス)」です!

「Xtreme Vibes」の意味・翻訳

「Xtreme Vibes」の意味は、「極限の」「極度の」という意味の「Xtreme」と、「雰囲気」「テンション」「ノリ」という意味の「Vibes」が合わさっていますので、そのまま翻訳すると「極度のテンション」などになりますね。

アニメ内では絶唱シーンにかけて「Xtreme Vibes」が流れていましたので、その使用シーンから意訳すると、「パワーがみなぎっている」「バイブス全開」など意味になりそうな気がします。

シンフォギア的な表現だと、「熱くフォニックゲインが高まっている状態」を意味していると考えることもできそうですね。

「Xtreme Vibes」を略すると「XV」

5期最終回のエンドロールで「Xtreme Vibes」という文字を見て思ったことは、「Xtreme Vibes」を略すると「XV」になるということですッ!

先に「Xtreme Vibes」という曲または曲タイトルが完成した上でTVアニメ5期のタイトルを『戦姫絶唱シンフォギアXV』にしたパターンと、その逆のパターンと考えられますが、どちらにしても熱くフォニックゲインが高まる粋な仕掛けが施されていますね!

Advertisement

「Xtreme Vibes」歌詞パート

ここでは、イントロ部分のみの歌詞パートをご紹介!

胸に手を当てて
思い出すことは
クリス 苦しみのことや
マリア 涙じゃなくて
調 手を繋いだこと
切歌 一人じゃないってこと
未来 分かり合えた日々のことだよね

クリスは、孤独よりも痛みがある方がマシだと考えていた過去がありますので、そのクリスが「苦しみ」という歌詞パートを担当している点が泣けますね…。

そんな苦しみよりも、自分の居場所を見つけて皆と分かり合えた日々の方をクリスが思い出していると考えると、さらに涙の量が増えます…!!

調の歌詞パートである「手を繋いだこと」とは、切歌以外とはうまく共闘できなかったところから、翼とユニゾン技を繰り出していくところまでに成長していたシーンも連想されます…!!

■関連記事(クリスの過去も交えて考察しています!)
>>『シンフォギア』雪音クリス「あしたのあたし」歌詞の意味を考察!

「Xtreme Vibes」歌詞の意味を考察!

歌詞①

皆と会えてよかった

ここの歌詞は、装者同士・S.O.N.G.メンバー・その他登場人物同士の出会いの尊さを感じることができる歌詞ですね。

また、未来がシェム・ハの依り代となっていた状態から脱却し、皆の元へ帰ってきたシーンも連想されますので、泣けますね…!!

歌詞②

ありがとうさようなら

涙腺崩壊…!!

ここの歌詞は、出会いと別れの儚さ・尊さ・美しさを感じることができる歌詞ですね!今は亡きキャラを偲(しの)び、別れを尊ぶという意味合いが込められている気がします。

例えば、翼は1期で奏と出逢い、両翼揃ったツヴァイウイングとして音楽活動をしながら、たった2人でノイズと戦っており、奏を失った展開などが連想されます…。

しかし、物理的には奏と別れても、翼の胸の中にはずっと奏は生き続けていると考えると、その尊さ・美しさを感じることができます。

なお、5期最終回で「Xtreme Vibes」が流れていたシーンでは、「ありがとうさようなら」の歌詞パートで ちょうどフィーネが登場するところがまた泣けましたね!

その後もエンキ・ナスターシャ・ウェル・奏・八紘・セレナ・キャロルパパ・4期&5期の敵キャラなどが次々に登場していましたので、それぞれの出会いと別れ・別れても繋がっていることなどが連想され、涙が止まらない感動シーンでした。

歌詞③

別れの花火

こんな美しい言葉に出逢えたことにまず感動しました。別れを花火と表現することにより、尊さ・美しさを感じることができます。

また、別れは決して悲しいだけではないという意味も込められているような気がします。

Advertisement

「Xtreme Vibes」作詞作曲編曲者

「Xtreme Vibes」の作詞・作曲は上松範康さん(Elements Garden)、編曲は藤間仁さん(Elements Garden)がそれぞれ担当されています。

シンフォギアXV13話(最終回)劇中歌「Xtreme Vibes」を聴こう!

TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』13話(最終回)劇中歌「Xtreme Vibes」より、歌詞パート・歌詞&曲タイトルの意味考察・読み方・作詞作曲編曲者情報などについてご紹介いたしました。

「Xtreme Vibes」は、優しく美しい旋律と儚い歌詞に感動し、涙が止まらないような曲になっていますので、是非何度も聴いてみて下さいね!

戦姫絶唱シンフォギアカテゴリの最新記事